CATEGORY

遺跡(西部)

ワットプラサート(วัดปราศาท・Wat Prasat)/ アユタヤ県立病院の中にあり、2連チェーディー(仏塔)と隠し通路の都市伝説が残る仏教寺院遺跡

     アユタヤには大きな病院が2つあり、以前、ご紹介した「ラチャタニーホスピタル」と旧市街の西側にある「県立アユタヤ病院」です。この「県立アユタヤ病院」の中にはは、アユタヤ王朝時代に作られた仏教寺院遺跡「ワットプラサート(วัดปราศาท・Wat Prasat)」があります。     幹線道路沿いになりますが樹々が多い茂っており、外側からは遺跡が見え難いため、外国人観光客の方は、その存在を知 […]

ワットサーラープーン(วัดศาลาปูนวรวิหาร・Wat Sala Pun)/ 王立修道院に指定され、アユタヤ王朝時代の壁画や美しいチェーディー(仏塔)が残る見どころの多い現存仏教寺院

    アユタヤ旧市街の島の外、西側に位置し、アユタヤ王朝時代に建立されたといわれる「ワットサーラープーン(วัดศาลาปูนวรวิหาร・Wat Sala Pun)」は、今も多くのお坊さんが修行されており、王立修道院にも指定されている由緒ある仏教寺院です。     寺院内には大きなメインチェーディー(仏塔)をはじめ、クメール様式のサブチェーディー(仏塔)などもあり、非常に綺麗で見どころも多く […]

ワットジャオプラム(Wat Jao Prahm,วัดเจ้าพราหมณ์)/ 許可がない限り、敷地内に入ることもできないアユタヤ王朝初期の貴重な遺跡

    アユタヤ旧市街の島内、西側に位置する「ワットジャオプラム(Wat Jao Prahm,วัดเจ้าพราหมณ์)」は、寺院周辺をアユタヤ王朝時代の運河に囲まれており、遺跡の修復を担当している政府機関であるファインアート部門の敷地内を通る以外に遺跡へ辿り着く方法がないため、許可がない限り、見に行くことができない遺跡でもあります。   筆者が以前、訪れた時には敷地内へ入る許可がもらえず、見 […]

ワットマハサマン(Wat Maha Saman)/ 旧運河に囲まれ、野原の中を歩いて行くしかない仏教寺院遺跡

     「ワットマハサマン(Wat Maha Saman)」は、アユタヤ旧市街の島内、最も西側にあり、周回道路である「Uthong Rd(ウートンロード)」とチャオプラヤー川を挟んだ反対側には「ワットチャイワッタナーラーム」があります。    周辺をアユタヤ王朝時代の運河跡に囲まれており、野原のけもの道を歩いていく必要があり、雨季が始まり草が伸びると行き難くなる遺跡でもあります。     今回は […]

ワットパッンガーム(Wat Phra Ngram)/ Googleマップにも載っていない、素性が分からない小さな仏教寺院遺跡

アユタヤ旧市街の西側にある「ワットパッンガーム(Wat Phra Ngram)」は、Googleマップにも記載されておらず、礼拝堂とメインチェーディー(仏塔)の基礎が残るだけの小さな仏教寺院遺跡です。     位置的には「ワットチャイワッタナーラーム」のチャオプラヤー川を挟んだ反対側になり、一部の地元のタイ人の方が、その存在を知るだけだと思います。   今回は「ワットパッンガーム(Wat Phra […]

ワットワンチャイ(Wat Wang Chai)/ 非常に珍しいチェーディー(仏塔)や仏像の頭部など、他では見れない遺跡がある仏教寺院遺跡

    「ワットワンチャイ(Wat Wang Chai)」はアユタヤ旧市街の西部に位置し、倒壊したメインチェーディー(仏塔)と破壊された大きな仏像の安置された礼拝堂、少し離れた場所に修道院跡があり、まだ完全に発掘作業が終了していない仏教寺院遺跡です。   アユタヤ島の周回道路である「Uthong Rd(ウートンロード)」沿い、以前にご紹介した「ワットルアンチークット(Wat Luanfg Chee […]

ワットチェーディーヤイ(Wat Chedi Yai)/ 巨大なチェーディー(仏塔)だけが残る放棄された仏教寺院遺跡

    「ワットチェーディーヤイ(Wat Chedi Yai)」はアユタヤ旧市街の西側に位置し、以前にご紹介した「ワットサンカテェ(Wat Sangkha Tha)」の横にある仏教寺院遺跡です。   アユタヤ王朝時代の運河に囲まれており、横を走る幹線道路からは見ることができますが、行くためには「ワットサンカテェ(Wat Sangkha Tha)」同様に「けもの道」を通って行く必要があります。   […]

ワットルアンチークット(Wat Luanfg Chee Krut)/ アユタヤ王朝第18代チャクラパット王(白象王)に縁のある仏教寺院遺跡

   「ワットルアンチークット(Wat Luanfg Chee Krut)」はアユタヤ旧市街の西側、島内の周回道路である「Uthong Rd(ウートンロード)」沿いにあり、チャオプラヤー川を挟んだ対岸には「聖ヨセフ教会」を見ることができます。   近隣には、以前にご紹介した「ワットジャオプラッ」や「ワットウボーソット」などがあり、小さな遺跡が集中している場所となります。   寺院自体は礼拝堂とチェ […]

ワットサンカテェ(Wat Sangkha Tha)/ けもの道を通り、野原を抜けた場所にある放棄された仏教寺院遺跡

     ご紹介する「ワットサンカテェ(Wat Sangkha Tha)」は、アユタヤ旧市街島内部の南西部に位置し、3つの礼拝堂と2つの異なる様式のチェーディー(仏塔)、鐘楼(しょうろう)で構成された仏教寺院遺跡で、敷地が広大で、木陰にいると気持ち良く昼寝ができそうな場所にありオススメです。 ただ以前、ご紹介した「ワットプラサート」ほど凄くはないですが、遺跡までは舗装された道が通っておらず、野原の […]

ワットウボーソット(Wat Ubosot)/ 美しい多角形型のチェーディー(仏塔)に登り、上からの景色を堪能できる仏教寺院遺跡

     「ワットウボーソット(Wat Ubosot)」はアユタヤ旧市街の島内、南西部に位置し、アユタヤ王朝時代にあった運河沿いにあり、多角形型のメインチェーディー(仏塔)と礼拝堂が残る仏教寺院遺跡となります。   小さな遺跡ですが、世界遺産「古都アユタヤ」での主要な遺跡の一つに数えられています。   今回は「ワットウボーソット(Wat Ubosot)」をご紹介します。          「ワット […]