ワットジャオプラム(Wat Jao Prahm,วัดเจ้าพราหมณ์)/ 許可がない限り、敷地内に入ることもできないアユタヤ王朝初期の貴重な遺跡


   
アユタヤ旧市街の島内、西側に位置する「ワットジャオプラム(Wat Jao Prahm,วัดเจ้าพราหมณ์)」は、寺院周辺をアユタヤ王朝時代の運河に囲まれており、遺跡の修復を担当している政府機関であるファインアート部門の敷地内を通る以外に遺跡へ辿り着く方法がないため、許可がない限り、見に行くことができない遺跡でもあります。
 
筆者が以前、訪れた時には敷地内へ入る許可がもらえず、見学を断念した遺跡でしたが、今回は運良く許可がでて、のんびり見ることができました。
 
今回はアユタヤ遺跡の中でも、非常に見学し難い「ワットジャオプラム(Wat Jao Prahm)」をご紹介します。
 
  

「ワットジャオプラム(Wat Jao Prahm,วัดเจ้าพราหมณ์)」とは?

   

   
アユタヤ旧市街の島内、西側に点在する遺跡群の中の一つで、以前にご紹介した「ワットチェーディーヤイ」「ワットサンカテェ」の隣にありますが、寺院の周囲をアユタヤ王朝時代の運河に囲まれており、通常の手段では見に行くことができない遺跡です。
 
行く場合には、隣接するアユタヤ遺跡の修復を担当している政府機関であるファインアート部門の敷地内を通る必要があり、許可がない限り入ることができないという場所にあります。
 
敷地内にはクメール様式のメインチェーディー(仏塔)と礼拝堂の跡、周辺を囲むレンガ壁といった建築物が残っている小さな仏教寺院遺跡です。
 
遺跡調査によってアユタヤ王朝初期に建立されたと考えられていますが、正確な建立時期や理由などは分かっておらず、王朝創立期よりも古い時代に作られたバラモン教の寺院だった可能性もあるといわれています。
 

「ワットジャオプラム(Wat Jao Prahm,วัดเจ้าพราหมณ์)」の見どころは?

1:周囲のレンガ壁

    

  

   
「ワットジャオプラム(Wat Jao Prahm)」の周囲をグルりと囲むように、低いレンガの壁が点在しており、聖域を示す「セーマー」などがないため、周囲の運河とレンガ壁がセーマーの替わりをしている可能性があります。
   

   

    
ただメインチェーディー(仏塔)の後ろ側(西側)にあるレンガ壁の配置が綺麗な格子状になっていて、住居とは異なる何らかの意味があったようです。
   
他の遺跡では、こういった画一されたレンガ壁を見ることはなく、この「ワットジャオプラム(Wat Jao Prahm,วัดเจ้าพราหมณ์)」だけにしかないと思います。
   

2:礼拝堂跡

   

   

   

    
レンガ壁に囲まれた内部に、少しだけ礼拝堂の基礎が顔を出しており、基礎本体は地中にあると思われます。
   

   

     
西側にある祭壇とメインチェーディー(仏塔)の基礎が繋がっているという、他の遺跡とは異なる特徴があり、同様の作りになっているのはアユタヤ旧市街の中央部にある「ワットポム」と、この「ワットジャオプラム(Wat Jao Prahm)」が思いつくだけでアユタヤ遺跡の中でも数少ない建築物だと思います。
 
祭壇には破壊された仏像などはなく、寂しい感じがしますが、遺跡調査で出土した遺物は中央部に位置する「チャオサームプラヤー国立博物館」に収蔵されています。
  

3:メインチェーディー(仏塔)

   

   

   

   
クメール様式のメインチェーディー(仏塔)で、部分的に漆喰のレリーフが残っていますが、その殆どは剥げ落ちており、アユタヤ王朝当時の美しい姿を想像することはできないのが残念です。
  

  

  

  

    
東側に内部へ入れる入口があり、メインチェーディー(仏塔)の破片が置いてありますが、内部はコウモリの巣になっていて、凄い臭いなので入らない方が無難です。
   
  

「ワットジャオプラム(Wat Jao Prahm,วัดเจ้าพราหมณ์)」の雰囲気は?

チャンネル登録をお願い致します!
       
   

  
   

【c】GoPro 【c】GoPro

  

「タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内」の動画は「GoPro Hero7 Black」で撮影しています。
       

「ワットジャオプラム(Wat Jao Prahm,วัดเจ้าพราหมณ์)」への行き方

    

    
「ワットジャオプラム(Wat Jao Prahm,วัดเจ้าพราหมณ์)」はアユタヤ旧市街の島内、西側にある旧運河沿いに位置し、「アユタヤエレファントキャンプ」からも比較的、近い場所にあるのでトゥクトゥクか、レンタルサイクルでも行くことができます。
 
ただ一番最初に記載しましたが、政府機関であるファインアート部門の敷地内を抜けて行く必要があるため、訪れても許可がない限り、中に入ることができないため、チャンスがあればという軽い感じで行かれることをおすすめします。
 
実際、筆者も前に訪れた際には敷地内への立ち入り許可が出ずに、普通に追い返されましたので、参考までに。
 

1:トゥクトゥクを利用する場合

国鉄アユタヤ駅からトゥクトゥクを利用する場合、片道150バーツで行くことができますが、周辺には西側に点在する遺跡群やアユタヤエレファントキャンプがあり、3時間600バーツほどで貸切った方が良いと思います。
 

2:レンタルサイクルを利用する場合

国鉄アユタヤ駅側から、渡し舟で旧市街に渡り「December House」で1日50バーツでレンタルサイクルを借り、「Ho Rattanachai Rd」を西に進み「ワットマハタート」を目指します。
 
「ワットマハタート」の交差点へ到着したら、左折して約500m先にある「Pa Thon Rd」へ入り、西に進みます。
 
約1.2kmほど直進すると右側に「アユタヤエレファントキャンプ」がありますが、これを通り過ぎて小さな橋を渡り、直ぐ左折して運河沿いに約700mほど進むと、右折できる小道があります。
 
右折してから、左側はファインアート部門の敷地なので道なりに進んで施設内に入り、門の所に警備室がありますので、ここで内部に入る許可を取る必要があります。

ただ警備の方はタイ語しか話せませんので、多少、タイ語のスキルが必要となります。
  
   

  
  

名称 ワットジャオプラム
名称(英) Wat Jao Prahm
名称(タイ語) วัดเจ้าพราหมณ์
営業時間 許可無く入場不可
拝観料 なし
住所 196 Khlong Tho Rd, Tambon Pratuchai, Amphoe Phra Nakhon Si Ayutthaya, Chang Wat Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000

    
  

まとめ

   

     
アユタヤ旧市街の島内、西側にある「ワットジャオプラム(Wat Jao Prahm,วัดเจ้าพราหมณ์)」をご紹介しました。
 
以前、訪れた際に入場許可が出なかったので見学を諦めていた遺跡でしたが、今回は運良く許可がでたことで、ゆっくりと散策することができました。政府機関が直轄してあるだけあり、雨季に入り草が覆い茂る他の遺跡とは異なり、綺麗に整備されていてクメール様式のメインチェーディー(仏塔)と繋がった礼拝堂など珍しいものを見ることができました。
 
機会があれば、是非、許可をもらって足を延ばしてみて下さい。
 



>


>

  



      
    
   

タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

「ワットサンカテェ(Wat Sangkha Tha)」は、アユタヤ旧市街島内部の南西部に位置し、3つの礼拝堂と2つの異な…

    
タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

「ワットソム(Wat Som)」はアユタヤ旧市街島内の南側にあり、比較的小さな遺跡が数多く集中している地域、昔の運河沿い…

    
タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

ご紹介する「プラサート ナコンルアン」は、世界遺産に指定されている「古都アユタヤ」の遺跡群から離れた「ナコンルアン郡」に…

 
 

最新情報をチェックしよう!