ロッタリー / タイの宝くじで運試し! 一攫千金を夢見ませんか?


   
日本でもジャンボ宝くじをはじめ、ロトやサッカーくじなどが人気がありますが、タイにも毎月2回抽選が行われる「ロッタリー」といわれる公営宝くじがあり、非常に人気があります。
  
露店や自転車に乗った訪問販売など、街中の至る所で販売されています。
  
ロッタリーは基本1枚80バーツ、0~9までの6桁の数字が同じなら一等が600万バーツ(約2,000万円)で、75,000倍になる宝くじです。
  
タイで人気のロッタリーをご紹介します。
  
  

ロッタリーとは?

   

   
先にも記載しましたが、ロッタリーは、タイ政府から発行されている「公営宝くじ」で、毎月1日と16日の月2回抽選があり、ランダムに選ばれる6桁の本数字が一致すれば当選となり、組番号は関係ないのが日本とは異なるところで、1等賞金は600万バーツにもなります。
   
筆者の妻もそうですが、1等が当たるとは考えておらず、数字2桁を当てる末等を楽しみにしている方が多い気がしますが、それでも末等は00~99の間の数字が当たれば1枚2,000バーツ(約6,500円)となります。
    
街中でロッタリーを売っているのをよく見ますので、気軽に何処でも購入することができます。
  
基本は1枚80バーツですが、街中では1枚100バーツだったり120バーツだったりと、価格が異なる差額分は販売している方の儲けになります。
    

酷い販売員は1枚200バーツなんていわれることもありますので、購入する前に「ヌンバイ タオライ?(1枚幾ら?)」と先に聞いておいた方がトラブル防止になります。

   
因みに筆者は、10枚綴りのロッタリーを1,600バーツ(元値は800バーツ)と通常の倍の値段で買わされたことがありますので注意して下さい!
  
  

当選金額と本数

  
簡単に当選金額と本数について、ご紹介しておきます。
 
 

1等:600万バーツ (1本)
1等前後賞:10万バーツ (2本)
  
2等:20万バーツ (5本)
3等:8万バーツ (10本)
4等:4万バーツ (50本)
5等:2万バーツ (100本)
   
前の3つの数字 4,000バーツ (2,000本)
後の3つの数字 4,000バーツ (2,000本)
  
末等:後の2つの数字 2,000バーツ (10,000本)

  
  
5等以上については、それぞれに6桁の当選番号があり、5等以下は、6桁の数字の前半3桁、後半3桁だけが同じの場合でも当選となり、さらに末等については6桁の下2桁が合っていれば当選となります。
  
因みに筆者は昨年2018年、末等の2枚綴り計4,000バーツが3回ほど当たり、妻のお母さんも結構、当たっていました。
  
7年ほど前になりますが、筆者の勤める会社のタイ人が1等200万バーツ(当時)を当てたらしく、左うちわで退職して行ったことがありますが、真偽のほどは分かりません。
  
また昨年2018年ですが、筆者の住むアユタヤの知っているお店から、5枚綴りの当選「3,000万バーツ(約1億円)」が出て、当選したおばあちゃんは妻も知っている方でした。今は、家族にお金を分けて隠居生活をしているらしいです。
   
外国人でもロッテリーで当選すれば、問題なく賞金を貰うことができますので、運試しのつもりで買ってみては如何でしょう。
  
 

ロッタリーの当選確認

  

  
ロッタリーを購入した後、というのもタイのロッタリーには、先にご紹介したように、1等~5等、その他と末等まで数多くの数字が並んでいますので、自分で確認しようとすると、思った以上に時間が掛かります。

そんな時、最も手軽なのがウェブサイトでの番号照合となります。

筆者が当選番号を確認しているのは、「Sanook!」というタイのニュースなどを配信しているウェブサイトです。

オリジナルのタイ語画面は下のようになりますが、「Google Chrome」で開けば、取合えず内容が分かるようには翻訳してくれますので、ご自身で購入した番号を入力すれば、自動的に検索ができて非常に便利です。

タイ語のオリジナル
  
Google Chromeで変換した画面

また最新のロッタリーには「QRコード」がついていますので、「トゥワ ホゥワイ」というアプリを入れておけば、QRコードを読み込むだけで確認もできます。
 
 

当選金の受取について

 

 
ロッタリーに当選した時ですが、筆者のような少額当選であれば、街のロッタリー売り場で手数料2~3%で簡単に換金してくれますので、余り気を使う必要はありませんが、高額当選をした場合には、バンコクの隣の県「NONTHABURI(ノンタブリー県)」の政府機関「The Government Lottery Office (Sanambin Nam)」へ行く必要があります。

仮に5枚綴りで購入して当選すると約1億円ですが、手続きをして約1時間ほどで受取りをすることができるそうです。

詳しくは公式ウェブサイトを参照して下さい → 「The Government Lottery Office (Sanambin Nam)」
 
また最近では「当選したロッタリーは本当は私の物!」「換金した人が盗んだんだ!」といったタイのローカルニュースが多く流れていますので、何処でいつ購入したのかをしっかりと覚えておいた方が良いらしいです。
 
 

まとめ

  

   
タイの公営宝くじ「ロッタリー」をご紹介しました。思った以上に、筆者のまわりのタイ人の方も少額当選をしていて、遊び気分で購入しているようです。
 
毎月2回の楽しみと思って、チャレンジしてみては如何でしょうか?
 
今回、筆者が購入したロッタリーについては抽選が終わったら、結果を更新してみますので、お楽しみに!
 

ロッタリーの結果

  

  
残念ながら、筆者が購入したロッタリーは外れてしまいましたが、ただ女性の部下が、今回のロッタリーで4万バーツを当てていてビックリでした!
また次回も運試しで購入してみます。
 
 
  

タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

海外旅行に出掛けたとき、車を運転できれば行動範囲が広がって楽しめるのにと思ったことはありませんか? 海外に住んでいると何…

 
タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

日本だと医療体制が整っていますので、よほどのことが無い限り困ることは少ないと思いますが、海外で生活するうえで、最も心配な…

 

タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

タイでは毎朝、お坊さんへ喜捨をしたり、寺院へ足を運んでお祈りや寄贈をしたりと「タンブン(徳を積む)」という習慣が根付いて…

最新情報をチェックしよう!