ワットプラドック(Wat Pra Dok)/ アユタヤ王朝滅亡から、存在を忘れ去られていた仏教寺院遺跡


     
アユタヤ旧市街の島の外、南東部にある「ワットプラドック(Wat Pra Dok)」は、静かな田園地帯の中にあり、1767年のビルマによる軍事侵攻で、アユタヤ王朝が滅亡し、そのまま放棄され長い間、人々の記憶からも忘れ去られていた仏教寺院遺跡で、雨季に入ると草に囲まれて行き難くなる遺跡の一つです。
    
以前、ご紹介した「ワットプラノン」「ワットチャムポン」と一緒に東西に一直線に並んでおり、アユタヤの観光名所である「ワットヤイチャイモンコン」へ行った時に、少しだけ足を延ばせば行くことができます。
     
今回は、忘れ去られた仏教寺院遺跡「ワットプラドック(Wat Pra Dok)」をご紹介します。
  
   

「ワットプラドック(Wat Pra Dok)」とは?

    

    
「ワットプラドック(Wat Pra Dok)」はアユタヤ旧市街の島の外、南東部に位置し、「ワットヤイチャイモンコン」の裏側に広がる静かな田園地帯の中にあり、1767年のビルマ(現在のミャンマー)による軍事侵攻でアユタヤ王朝が滅亡すると、そのまま存在を忘れ去られていた仏教寺院遺跡です。
    
寺院の正面は東側を向いており、礼拝堂、周辺を小さなチェーディー(仏塔)で囲まれたメインチェーディー(仏塔)といった配置になっています。
    
他の遺跡同様、資料が失われており、正確な建立時期や理由などは分かっていませんが、破壊されたチェーディー(仏塔)の基礎部分の特徴から、アユタヤ王朝初期から中期に建立されたのではないかと推測できます。
 
  

「ワットプラドック(Wat Pra Dok)」の見どころは?

1:礼拝堂と破壊された仏像

  

   

    

     
礼拝堂は寺院の東側に位置し、発掘作業が完全に終了していないような感じで、1段目の基礎は土に埋もれていて、柱を支えていた基礎などは見ることができません。ただ部分的に見えている基礎を見ても、大きな礼拝堂だったことが分かります。
   

    

    
破壊された仏像を安置している祭壇は階段状の2段になっていますが、祭壇周辺を廻れない構造になっており、他の遺跡では見ないような作りになっています。
   

   

   

     
また礼拝堂の中には、破壊された仏像の腕や足の部分が部分的に残っており、アユタヤ王朝時代には大きな仏像が数体、数体安置されていたようです。
    

2:メインチェーディー(仏塔)

    

   

    
礼拝堂の西側に配置されているのがメインチェーディー(仏塔)で、礼拝堂の半分ほどもある大きな基礎となっており、アユタヤ王朝当時には、かなり大きなメインチェーディー(仏塔)だったことがわかります。
    

   

    
   
      
また僅かに残る仏塔部分は大きな樹木に侵食されており、東側に修復されたか、後から追加されたと思われる小さなチェーディー(仏塔)が配置されています。
      

寺院周辺のチェーディー(仏塔)

    

   

   

    
他の仏教寺院遺跡では見ることが少ないのですが、メインチェーディー(仏塔)を取り囲むような感じで、周囲に小さなチェーディー(仏塔)が8基も配置されています。
   
世界遺産「古都アユタヤ」の主要構成遺跡である「ワットマハタート」「ワットチャイワタナラーム」など大きな遺跡では、メインチェーディー(仏塔)周辺を小さなチェーディー(仏塔)で囲んであるものは多々ありますが、この「ワットプラドック(Wat Pra Dok)」規模の寺院では珍しいと思います。
    
   

「ワットプラドック(Wat Pra Dok)」の雰囲気は?

  
  

   
         
字幕表示を「オン」にすると遺跡の説明が流れます。
     
   
   

  
   

【c】GoPro

>

  

「タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内」の動画は「GoPro Hero7 Black」で撮影しています。
       
              

「ワットプラドック(Wat Pra Dok)」への行き方

   

      
国鉄アユタヤ駅から、トゥクトゥクかレンタルバイク、レンタルサイクルで行くことができます。
 

1:トゥクトゥクを利用する場合

国鉄アユタヤ駅から片道100バーツで行くことができますが、トゥクトゥクの運転手が「ワットプラドック(Wat Pra Dok)」を知らない可能性もありますので、Googleマップは必需品になると思います。
  
周辺には「ワットヤイチャイモンコン」をはじめ、「ワットパナンチューン」「日本人町」などもありますので、3時間600バーツで貸切った方がお得だと思います。
 

2:レンタルバイクを利用する場合

国鉄アユタヤ駅周辺にはレンタルバイク、サイクルのお店が数多くありますので、国際免許を取得していればレンタルバイク(1日200バーツ)を借りて向かいますが、レンタルサイクルでも同じ道順の方が安全です。
  
国鉄アユタヤ駅から「クルンシーリバーホテル」方面に走り、「クルンシーリバーホテル」の交差点を右折して、パーサック川方面に向かい高架下を通っていきます。道なりに進むと200mmほどで踏切が見えますので、少し手前を右折して、しばらく線路沿いに約1km直進します。
 
1kmほど走ると突当りの交差点がありますので、これを左折して線路を渡り約800mほど直進すると信号があり、右折して「ワットヤイチャイモンコン」の裏側を通る道を進みます。
 
400mほど進むと急カーブがあり、この反対車線にある白いアパートの横に入り口があるのですが、300m先にあるUターンポイントから戻り、先ほどのアパート横の小道を左折して約100mほどで左側に見えて来ます。
   
   

   
  
   
  

名称 ワットプラドック
名称(英) Wat Pra Dok
営業時間
拝観料 0B
住所 Khlong Suan Plu, Amphoe Phra Nakhon Si Ayutthaya, Chang Wat Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000

   
     

「ワットプラドック(Wat Pra Dok)」への道順動画

 
レンタルバイクを使って「ワットヤイチャイモンコン」の入口から、「ワットプラドック(Wat Pra Dok)」の隣にある「ワットプラノン」へ行く場合の道順動画を撮影しました。「ワットプラノン」に駐車して徒歩で50mほどで到着しますので参考にして下さい。
  
   

         
    
字幕表示を「オン」にすると道順の説明が流れます。
      
   

まとめ

   

     
アユタヤ王朝滅亡から、存在を忘れ去られていた仏教寺院遺跡「ワットプラドック(Wat Pra Dok)」をご紹介しました。アユタヤ旧市街の島の外にあり、少し不便な場所にありますが、雨季が始まってしまうと草に覆われてしまい、簡単に見に行けなくなる貴重な遺跡でもあります。
 
メインチェーディー(仏塔)を囲む8基のチェーディー(仏塔)跡など、この規模では珍しい建築物が多くありますので「ワットヤイチャイモンコン」に来られた時に、足を延ばしてみて下さい。
 
 
    





      
    
   

タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

「ワットチャムポン」は、アユタヤ旧市街の島の外、南側に位置する仏教寺院遺跡で、先日ご紹介した「ワットプラノン」の直ぐ横に…

    
タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

   タイの世界遺産の街、アユタヤには旧市街の島内以外にも遺跡が点在しており、地元の方しか知らないような素性の分からない…

    
タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

アユタヤ観光で外す事ができないお寺が「ワット ヤイ・チャイモンコン」です。現在も、お坊さんが出家されているお寺で、常に多…

   
 

最新情報をチェックしよう!