8番らーめん ロータス・アユタヤ店 / タイ国内に128店舗を構える日本式ラーメンチェーン店でリーズナブルにお食事はいかが?


   
タイローカルのテレビでもCMを流していますので、ご存知の方も多いと思いますが、タイ国内で日本式ラーメンの最大手チェーン店といえば「8番らーめん」ではないでしょうか。
   
バンコクのような大都会であれば、日本の有名ラーメン店が数多く出店していますので、逆に「8番らーめん」を食べることが少ないと思いますが、アユタヤでは本格的な日本式ラーメンのお店は、以前ご紹介した「れっくさんラーメン」となり、夕方からの営業となりますので、日曜日などのお休みの日に、何となくラーメンが食べたいと思った時には「アユタヤシティパーク」にある「8番らーめん」に行くことが多々あります。
     
今回は、アユタヤシティパーク内にあるタイでお馴染みの「8番らーめん」をご紹介します。
   
     

「8番らーめん」とは?

    

   
1967年に石川県金沢市で創業したらーめん屋さんで、日本国内だけでなくタイ、香港、ベトナムにも海外展開しています。
    
タイには2005年に進出しており、タイ国内での店舗数は2019年04月時点で128店舗もある一大ラーメンチェーンで、バンコクや近隣の県を中心に、南はハジャイ県から北はチェンマイ県まで展開していて、大きなショッピングセンターに入っていることが殆どです。
    
日本のラーメンチェーン店らしく、醤油ラーメンをはじめ、味噌ラーメンやそばつゆで食べるザルラーメン、餃子やチャーハンなどのサイドメニューも充実しています。
    
その他にもトムヤムラーメンなど、タイの方の味覚に特化したメニューも用意されています。
    
メニュー全体的にいえますが、若干薄味に作られており、調味料を足して味の調整をするタイスタイルとなっていますので、福岡出身の筆者としては、もう少し味が濃い方が好みなのですが、子供は大好きでいつも完食しているほどです。
   
    

「8番らーめん」の価格帯は?

    

  

   

     
価格的には殆どのメニューが100バーツ以下、平均すると90バーツ前後と安いため、客層はタイ人の方が家族で食事に来られていることが多いと思います。
     
筆者が家族と食事に行っても500バーツほどで、お腹一杯になるほどです。
    
またメニューは、料理の写真と価格、日本語が表記されていますので、タイに初めて旅行に来た方でも安心して注文することができるため、安心だと思います。
  
    

「8番らーめん」のおすすめメニューは?

筆者が家族で行った時のメニューをご紹介します。
   

1:豚骨醤油らーめん

    

  
日本の豚骨ラーメンと比較すると薄味という印象がありますが、ちぢれ麺に、しっかりとスープが絡み美味しく頂くことができます。具材には煮卵と濃い味のメンマ、チャーシューがのっています。
   

2:トムヤムチャーシューらーめん

   

  
これは妻が8番らーめんに行った際には、必ず注文するタイオリジナルのラーメンで、酸っぱ辛いトムヤムスープにチャーシューという組合せで、いつも熱々のスープが絡んで美味しいです。
   
チャーシューの替わりにクン(えび)が入っているバージョンもあり、タイ人の方には結構、人気のあるメニューです。
   

3:とんこつ担々麺

   

  
白濁の豚骨スープに、少し辛いひき肉がのったラーメンで、正直、辛さは控えめになっていますので、さらっと食べることができますが、筆者は少し物足りないのでご飯を注文して、ラーメンライス定食にして炭水化物オンリーで頂くこともあります。
   

4:チャーハン

    

   
タイのカオパット(タイの焼きめし)とは異なり、日本式のパラっとしたチャーハンで具材にはチャーシュー、グリーンピース、ニンジンなどが入っており、見た目以上にボリュームがありますが、やはり少し薄味に仕上げられています。
   

5:からあげ

   

   
8番らーめんのから揚げは、カラッと揚がっていて、少し塩気があり、噛むとジューシーな肉汁が溢れてきますので、美味しくいただくことができるサイドメニューです。時々、自宅でビールを飲むときのつまみに持ち帰りで追加注文することもあるおすすめメニューです。
         
        

「8番らーめん」への行き方

  

   
8番らーめんはアユタヤシティパークの中にある「テスコロータス」の1階にあり、国鉄アユタヤ駅からであればトゥクトゥクを利用して行くことをおすすめします。
   

トゥクトゥクを利用する場合

国鉄アユタヤ駅からでトゥクトゥクを利用した場合、片道100バーツで行くことができますが、アユタヤ観光の途中で8番らーめんに食事に行くよりは、観光が終わってバンコクに戻る際に、少し寄ってみるという感じにした方が良いと思います。
  
アユタヤシティパークは、国道32号線(通称:アジアンロード)沿いにあり、バンコクへ向かうバス停へは歩道橋を渡れば直ぐの所にありますので、便利だと思います。
   
    

   
     

名称 8番らーめん ロータス・アユタヤ店
名称(英) Hachi-ban Ramen
営業時間 10:00~22:00
住所 126/1 Moo 3 Asia Rd., Klongsuanploo, Pranakornsri-ayutthaya, Ayutthaya 13000

   
    

その他、豆知識

【 速報! 】タイの道路交通法改正

Peggy und Marco Lachmann-AnkeによるPixabayからの画像   
   
昨日、ニュースで初めて知ったのですが2019年08月20日に新しい道交法が施工され、交通違反者への罰則が強化されています。
     
タイの運転免許を取得して、運転されている方は注意して下さい。
    
以前はスピード違反やオービスでの取り締まりで捕まった場合には、500バーツの罰金を支払って終わることが殆どでしたが、新しい道路交通法では「免許停止」、「免許取消し」の処分が点数制として、下記のように規定されたようですが、まだ具体的に違反に対する点数などは発表されていませんので、済し崩し的になくなる可能性もありますが注意が必要です。
  
    

   
1:タイの免許取得者は、最初に12ポイントの点数を所持し、これが基本点数となる。
  
2:交通違反をして、点数12ポイントが0ポイントになると「90日間の免許停止」となる
※有料の運転者講習を受け、試験に合格すると12ポイントが復活し運転が可能となる。
  
3:3年間の間に、上記、免許停止処分を3回受けた場合には「1年間の免許停止」となる。
  
4:4回目の免許停止処分となった場合には、即、「免許取消し」となる。
   

   
  
「タイの運転免許取得方法と、そのメリットをご紹介!」という記事にも、追記していますが、念のためにご紹介しておきます。
   
   

まとめ

  

    
アユタヤシティパークの中にある「8番らーめん ロータス・アユタヤ店」をご紹介しました。あっさり系のラーメンとなりますので、コッテリ系が好きな方には物足りないかも知れませんが、気軽にリーズナブルな価格で日本式ラーメンが食べられるため、お昼どきには多くのお客さんで賑わっている人気店です。
   
タイ国内、特にバンコクには多くの店舗を構えていますので、タイに来られた際に気軽に寄ってみていは如何でしょうか。
   
       
      



>

>




   
     

タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

アユタヤで日本食屋さんの多いグランド地区から、ほんの少し離れたパイリン地区にお洒落な店内で美味しいガイヤーン(鶏の丸焼き…

タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

アユタヤ旧市街のチャオプラヤー川沿いにあり、オープンテラスでのんびりと景色を楽しみながら、美味しいタイ料理が食べれるおす…

タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

アユタヤのおすすめ観光地、「ワット ヤイ・チャイ・モンコン」の直ぐそばにある「Khao khamoo Chula(カオカ…

最新情報をチェックしよう!