CATEGORY

遺跡(東部)

ワットヴィハーンカーオ(วัดวิหารขาว・Wat Wihan Khao)/ 見ていて心が痛くなるほどの盗掘被害を受けながらも、静かに悠久の時を刻む仏教寺院遺跡

     「ワットヴィハーンカーオ(วัดวิหารขาว・Wat Wihan Khao)」は、アユタヤ旧市街の島の外、東側の遺跡群の中の一つで国鉄アユタヤ駅の沿線、長閑な田園地帯の中にあるため、地元の方以外は、その存在を知らない忘れられた仏教寺院遺跡です。     以前、ご紹介した「ワットウォンコーン」にあるチェーディー(仏塔)が、最も酷い盗掘被害にあっていると思っていましたが、この「ワットヴィ […]

ワットアヨタヤ(วัดอโยธยา・Wat Ayodhya)/ アユタヤ王朝以前にあった謎の古代王朝時代に建立されたかも知れない、由緒ある現存仏教寺院

     アユタヤ旧市街の島の外、東側にある「ワットアヨタヤ(วัดอโยธยา・Wat Ayodhya)」は、現在もお坊さんが修行をされている現存仏教寺院ですが、境内には大きく立派なメインチェーディー(仏塔)やアユタヤ王朝後期によくみられる多角形型のチェーディー(仏塔)などが混在しています。      筆者は、この寺院の裏手にある「NaiYong Thai Noodle」に家族と食事に訪れること […]

ワットデュシターラム(วัดดุสิตาราม・Wat Dusittharam)/ 敷地奥に大きく立派なメインチェーディー(仏塔)を持つ、アユタヤ王朝中期から続く現存仏教寺院

アユタヤ旧市街の島の外、東側にある「ワットデュシターラム(วัดดุสิตาราม・Wat Dusittharam)」は、現在もお坊さんが修行されている現存寺院で、新しい礼拝堂の正面入口には大きく、煌びやかなヤック(タイの鬼)の像が2体配置されています。 ぱっと見は遺跡などないように思いますが、寺院の裏側には大きく立派なチェーディー(仏塔)と古い礼拝堂などがあり、非常に見応えがあります。 今回は「 […]

ワットサモンコッタラム(Wat Samon Kottharam , วัดสมณโกฏฐาราม)/ アユタヤ王朝初期から続き、美しいメインチェーディー(仏塔)や多くの遺跡が残る現存仏教寺院

ゆーい 今回はアユタヤ旧市街の島の外、東側にある現存仏教寺院遺跡を紹介しますね。 Name えっ!東側の遺跡は回り尽くしたんじゃないの? ゆーい そう思ってたけど、まだまだ沢山の遺跡があるみたい。 Name アユタヤ王朝の遺跡群って、奥が深いね。 ゆーい ではでは「ワットサモンコッタラム(Wat Samon Kottharam , วัดสมณโกฏฐาราม)」をご紹介します。   「 […]

ワットナーンカム(Wat Nang Kham・วัดนางคำ)/ 狭い路地を抜けた集落の中心にあり、アユタヤ王朝初期に建立された小さな仏教寺院遺跡

    アユタヤ旧市街の島の外、東側に位置する「ワットナーンカム(Wat Nang Kham)」は幹線道路から狭い路地を入って、小さな運河を渡った集落の中にあり、礼拝堂とスリランカ様式のメインチェーディー(仏塔)、周囲を囲むレンガ壁で構成されています。     車一台が通れる小さな路地なので、外国人観光客の方は、その存在自体知らないのではないかと思います。     今回は「ワットナーンカム(Wat […]

タムナックマヘーヨン / 第33代ターイサ王が寺院改修工事視察の際に住んだといわれる、小さな住居の遺跡

    ご紹介する「タムナックマヘーヨン(Tamnak Maheyong)」はアユタヤ旧市街の島の外、東側にある遺跡群の中の一つで、遺跡の名称の通り、「ワットマヘーヨン」と「ワットチャーン」の間にあり、周辺には何もない小さな遺跡です。    ただ「ワットマヘーヨン」の大規模な修復、改修工事を行ったアユタヤ王朝第33代「プーミンタラーチャー王(ターイサ王)」に関係する遺跡といわれています。   今回 […]

ワットボートラチャデチャ / 破壊されたチェーディー(仏塔)の頂上部と供物を受取る仏像がある小さな遺跡

    ご紹介する「ワットボートラチャデチャ(Wat Botrachadecha)」は、アユタヤ旧市街の島の外、東側にある「ワットマヘーヨン」や「ワットクディーダオ」などの遺跡群の中の一つです。      礼拝堂跡に大きな仏像を安置し、裏手に倒壊した巨大なチェーディー(仏塔)の残骸が残るだけの小さな仏教寺院遺跡です。     今回は、小さな遺跡「ワットボートラチャデチャ(Wat Botrachad […]

プラサート ナコンルアン/ アユタヤでは非常に珍しい階層構造を持つ、お城の遺跡

    ご紹介する「プラサート ナコンルアン(Prasat Nakhon Luang)」は、世界遺産に指定されている「古都アユタヤ」の遺跡群から離れた「ナコンルアン郡」にあり、現在も多くのお坊さんが修行をしている現存仏教寺院遺跡です。     以前にご紹介した「ワットマヘーヨン」をはじめ、アユタヤには遺跡と寺院が混在する場所が多くありますが、この「プラサート ナコンルアン」は、砦のように階層構造に […]

ワットシカーサムッド / 境界石の意味を持つお濠に囲まれ、精霊の像を安置する珍しい仏教寺院遺跡

   ご紹介する「ワットシカーサムッド」は、アユタヤ旧市街の外側、東側の遺跡群の中の一つとなります。以前にご紹介した「ワットマヘーヨン」の隣にあり、スリランカ様式のメインパゴタと礼拝堂というシンプルな作りで外周をお濠に囲まれた小さな仏教遺跡です。 今回は小さな仏教寺院遺跡「ワットシカーサムッド」をご紹介します。      「ワットシカーサムッド(Wat Sika Samud)」とは?        […]

ワットチャカワン / アユタヤ王朝初期に作られ、王朝滅亡まで長く使われたといわれる仏教寺院遺跡

   ご紹介する「ワットチャカワン」は、「ワットプラシーサンペット」など遺跡群の中心であるアユタヤ旧市街の島の外、東側の地域にあります。     目の前には「ワット クディーダオ」をはじめ、直ぐ近くには「ワットマヘーヨン」や「アヨタヤフローティングマーケット」などがあり、気軽に立ち寄ることのできる遺跡です。    今回は「ワットチャカワン(Wat Chakkrawad)」をご紹介します。      […]