自分だけのオリジナルケーキを作ってくれる「Friendship(フレンドシップ)」

タイで日本レベルの美味しいケーキを購入するには、バンコクであれば伊勢丹をはじめ、サイアムパラゴンやエンポリアムに行けば簡単に入手することが可能ですが、アユタヤで入手するのは非常に難しいのが現実です。

11月25日は子供の1歳の誕生日ということもあり、美味しいホールケーキを入手するために、色々とネット検索を行った結果、アユタヤで創作ケーキを作ってくれ、人気のあるお店を発見しました!

今回は、アユタヤ旧市街で創作ケーキを作っている「Friendship(フレンドシップ)」をご紹介します。

「Friendship(フレンドシップ)」はどんなお店?

先にも少しご紹介しましたが、創作ケーキ専門店で受注生産のみをしているようです。店内にはショーケースはありますが、普通のケーキ屋さんのようにはケーキが並んでいません。店内でケーキをのんびり頂くテーブルもありません。

店内には、今まで作ってきた創作ケーキの写真が貼られており、筆者が訪れたときにも3つほど作っている途中で、ショーケースにも幾つか並んでいました。

サンプルで貼られていた写真を掲載しておきます。

「Friendship(フレンドシップ)」の場所は?

お店自体は、アユタヤの遺跡が集中する旧市街(島の中)にあり、正直、公共機関がないため、アクセスはし難いのでケーキを受取りに行く場合には、車かトゥクトゥクで行かれることをおすすめします。

ただお店への行き方は非常に簡単で、「ワット プラ・マハタート」から北へ向かい、アユタヤの遺跡群を周回する「Uthong Road」手前の信号を左に曲がり、突当りにある「工科大学」を右に曲がって直ぐ右側にあり、自動車であれば5分、徒歩でも約10~15分程度です。駐車場はないですが、路駐するスペースはありますので気軽に立ち寄れると思います。

「Friendship(フレンドシップ)」の価格帯は?

「Friendship(フレンドシップ)」のケーキは、顧客からどんなケーキが欲しいのか、いつ必要なのかといった聞き取りをし注文を受けてから作るオーダーメイド方式をとっているため、価格帯としては700~1,000バーツ前後となります。

ただタイで一般的なアイスケーキも同じくらいの価格となっていますので、他にはないオリジナルケーキを入手できると考えれば安いと思います。

「Friendship(フレンドシップ)」の誕生日ケーキ

今回、「Friendship(フレンドシップ)」へ注文したケーキが上の写真となります。誕生日ケーキということもあり、おもちゃが載っていて子供たちは大喜びで食べていました。

ただタイのケーキの殆どはバタークリームを使っており、生クリームを使用したものは、余り見掛けることはありませんので、今回のケーキも濃厚なバタークリームでした。

まとめ

アユタヤ旧市街にあるケーキ屋「Friendship(フレンドシップ)」をご紹介しました。受注生産のケーキのお店は珍しく、アユタヤでも人気のあるケーキ屋さんで、学校などからも大量に注文が入ることもあると、お店の方はいっていました。

機会があれば、あなただけのオリジナルケーキを「Friendship(フレンドシップ)」で作ってみては如何でしょうか。

 

最新情報をチェックしよう!