ワットチェーディヨットハック(วัดเจดีย์ยอดหัก・Wat Chedi Yot Hak)/ チェーディー(仏塔)の内部構造を見ることができる非常にレアな遺跡

  
   
ご紹介する「ワットチェーディヨットハック(วัดเจดีย์ยอดหัก・Wat Chedi Yot Hak)」は、アユタヤ旧市街の島の外、南東側に位置し、観光地として有名な「ワットヤイチャイモンコン」の裏側の野原の中で静かに悠久の時を刻んでいます。

住宅街の奥まった場所から、舗装されていない道を入るような場所にあるため、地元の方しか、その存在を知らない、さらにGoogleマップにも掲載されていない、かなりレアな遺跡です。

今回は、「ワットチェーディヨットハック(วัดเจดีย์ยอดหัก・Wat Chedi Yot Hak)」をご紹介します。
    
   

「ワットチェーディヨットハック(วัดเจดีย์ยอดหัก・Wat Chedi Yot Hak)」とは?

    

   
アユタヤ旧市街の島の外、南東側に位置し、有名な観光名所である「ワットヤイチャイモンコン」の裏側の静かな住宅街の奥の野原の中にある仏教寺院遺跡です。

メインチェーディー(仏塔)と風化して塚のようになった礼拝堂の跡が残るだけの小さな遺跡ですが、メインチェーディー(仏塔)は酷い盗掘被害にあっていて、倒壊していないのが不思議なくらいに大きな穴が開いており、遺物室を形成する大きな古代レンガが見えるほどです。

他の遺跡同様、建立された時期や理由などはの詳しい情報は分かっていませんが、残った建築物の特徴から「アユタヤ王朝中期」に建立されたと考えられています。

また現在でも正式な発掘調査は行われていないようで、タイの政府機関である「ファインアート部門」のウェブサイトにも掲載されていませんでした。
   
   

「ワットチェーディヨットハック(วัดเจดีย์ยอดหัก・Wat Chedi Yot Hak)」の見どころは?

1:メインチェーディー(仏塔)

   

  

  

    
「ワットチェーディヨットハック(วัดเจดีย์ยอดหัก・Wat Chedi Yot Hak)」で現存する建築物は、酷い盗掘被害にあっているメインチェーディー(仏塔)だけとなり、これも建っているのが不思議なくらいの被害を受けています。
     

   

   

   

   

      

盗掘被害によって、メインチェーディー(仏塔)内部に遺物を収納するための、遺物室を形成する古代レンガが見えており、数百年も前に作られたチェーディー(仏塔)の内部構造を見ることができる貴重な遺跡だと思います。

   

   

   

          
こう言っては失礼なのですが、盗掘を行った人もチェーディー(仏塔)が倒れないように、最新の注意を払って作業を行ったことが想像できてしまい、ある意味「プロ」だと感じてしまいました。
    

2:礼拝堂跡?

   

  

   

    
メインチェーディー(仏塔)の東側には、こんもりとした塚のような盛り土があり、所々にレンガが散乱しているため、恐らく、ここが「ワットチェーディヨットハック(วัดเจดีย์ยอดหัก・Wat Chedi Yot Hak)」の礼拝堂だったのではないかと想像できます。


     

         
少し、探してみましたが破壊された仏像などは一切残っておらず、正式な発掘調査が待ち望まれます。
     

3:遺物?

   

  

    
メインチェーディー(仏塔)の周辺をみて回ると、陶器の破片が残っており、正確な色は分かりませんが何となく青い釉薬を塗ってあった痕跡がありました。
    
盗掘された際に、メインチェーディー(仏塔)内部に収蔵されていた宝物の一部だったのかも知れません。
   
    

「ワットチェーディヨットハック(วัดเจดีย์ยอดหัก・Wat Chedi Yot Hak)」の雰囲気は?

  
   

   
   
チャンネル登録をお願いします!
  
   

    
    

「ワットチェーディヨットハック(วัดเจดีย์ยอดหัก・Wat Chedi Yot Hak)」への行き方

   

    
「ワットチェーディヨットハック(วัดเจดีย์ยอดหัก・Wat Chedi Yot Hak)」はGoogleマップにも掲載されていないため、申請はしていますが正確な情報がないためか、承認がおりない状態なので、正式な承認がおりた際には地図の差し替えをするようにしますので、いま暫くお待ち下さい。
   
「ワットチェーディヨットハック(วัดเจดีย์ยอดหัก・Wat Chedi Yot Hak)」は、アユタヤ旧市街の島の外、南東部に位置し、住宅街の中にある開けた野原の中にあるため、恐らく近隣住民の方以外は、その存在も知らないと思いますので、トゥクトゥクの運転手も知らない可能性が高いと思います。
   
どうしても見たいという場合には、トゥクトゥクの運転手に交渉する必要がありますが、正直、余り治安の良い場所ではないので複数名で行かれることを、強くおすすめします。
  

トゥクトゥクを利用する場合

国鉄アユタヤ駅からであれば、片道150バーツで行くことができますが、治安の問題と周辺には有名観光地である「ワットヤイチャイモンコン」や「ワットパナンチューン」などがありますので、3時間600バーツで貸し切った方がお得です。
 
 

     

  
   
    

名称 ワットチェーディヨットハック
名称(英) Wat Chedi Yot Hak
名称(タイ語) วัดเจดีย์ยอดหัก
営業時間 08:00~17:00
拝観料 なし
住所 Phai Ling, Amphoe Phra Nakhon Si Ayutthaya, Chang Wat Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000

   
  

その他、豆知識

   

   
アユタヤの遺跡群を回っていると、今回の「ワットチェーディヨットハック(วัดเจดีย์ยอดหัก・Wat Chedi Yot Hak)」のようにアユタヤ王朝時代の古い遺物を見つけることが多々ありますが、その場で見ている分には全く問題がありませんが、これを拾って持ち帰るとバレた場合に「窃盗」として警察に連行される可能性が高いので注意が必要です。
  
以前は、タイのローカルニュースなどで観光客がレンガの破片や破壊された仏像の一部などを隠して持ち帰り、空港のセキュリティーなどで引っ掛かって検挙されるという事件が結構、多発しました。
 
くれぐれも、遺跡で見つけた遺物は持ち帰らないように、ご注意下さい。
   
    

まとめ


  
アユタヤ旧市街の島の外、南東部にあり、地元の方しか、その存在を知らないレアな仏教寺院遺跡「ワットチェーディヨットハック(วัดเจดีย์ยอดหัก・Wat Chedi Yot Hak)」をご紹介しました。
 
筆者が、この遺跡を見つけたのも、たまたまで、以前にご紹介した「ワットマクラム」と「ワットポープアック」を見に、「アユタヤスタジアム」へ訪れた際、敷地の一番奥の方に間違って入ってしまい、そこからメインチェーディー(仏塔)が見えたのが切っ掛けでした。
 
盗掘被害にあっているのは非常に残念ですが、チェーディー(仏塔)の内部構造を見ることができる非常に貴重な遺跡です。
 
少し治安の悪い場所にありますので、「もし行かれる際には複数人で行かれること」と、今の時期、「ヘビ対策」をしてお出掛けしてみて下さい。
  
   



>

>



タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

「ワットケー(Wat Khae)」はアユタヤ旧市街の島の外、北東部にあり、広大な敷地には大小さまざまなチェーディー(仏塔…

タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

「ワットスワンナーワ(Wat Suwannawas)」は、アユタヤ旧市街中心地の北側にあり、島内周回道路である「Utho…

タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

「ワットプラッパーチャイ(Wat Plub Pla Chai)」は、世界遺産の集中するアユタヤ旧市街の中心地に近い場所に…

 

  

最新情報をチェックしよう!