ワットスワンナーワ(Wat Suwannawas)/ 交通量の多い、アユタヤ周回道路沿いにあり、見所の多い仏教寺院遺跡


    
「ワットスワンナーワ(Wat Suwannawas)」はアユタヤ旧市街中心地の北側にあり、島内周回道路である「Uthong Rd(ウートンロード)」と「Chikun Alley(チクン路地)」との交差点に位置しており、非常に交通量の多い場所にあります。
    
世界遺産「古都アユタヤ」の主要遺跡である「ワットラチャブラナ」から徒歩で約400mほど、先日ご紹介した「ワットプラッパーチャイ」から約300mの場所にあり、少し足を延ばせば十分に見に行ける仏教寺院遺跡です。
    
今回は、「ワットスワンナーワ(Wat Suwannawas)」をご紹介します。
  
  

「ワットスワンナーワ(Wat Suwannawas)」とは?

   
  
    
破壊された大きな仏像の残る礼拝堂を中心に、数多くの様式の異なる大きなチェーディー(仏塔)や鐘楼(鐘楼)が配置されており、小さな敷地内に遺跡がギュッと詰まった感じのする場所でもあります。
    
この「ワットスワンナーワ」も他の遺跡同様、1767年のビルマ(現在のミャンマー)による軍事侵攻によって、当時の資料が失われており、詳細な建立時期や理由などは分かっていません。

建築物の特徴からアユタヤ中期に建立され、その後アユタヤ王朝後期と現チャクリー王朝のラーマ4世の時代の2回改修されたことが、遺跡調査によって分かっています。

ただ建立された理由として、「ワットスワンナーワ」が建立されたアユタヤ王朝中期、この地域には王家のゾウ厩舎があり、ゾウ使いを取り仕切る貴族が家族のために建立したのではないかと推測されています。
 
 

「ワットスワンナーワ(Wat Suwannawas)」の見どころは?

1:礼拝堂と破壊された仏像

   

   

      
この「ワットスワンナーワ」の中心的建物といっても良いのが、幹線道路沿いからも見ることのできる「礼拝堂」です。東側の壁面のみが残っており、それ以外は残っていません。
   

   

   

     
礼拝堂を入ると正面奥の祭壇があり、一際高い祭壇には破壊された大きな仏像が安置されています。お顔が半分のみ残っていて、表情は柔らかく微笑んでいるように見える優しい雰囲気の仏像です。
  

   

   

   
祭壇と、その周辺にも破壊された仏像が安置されていますが、黄色い袈裟が巻いてあったりと、信仰の対象になっていることが伺えます。
 

2:礼拝堂を囲む3基のチェーディー(仏塔)

    

    
正面入口の左右と西側奥に、礼拝堂を取囲むように多角形型の基礎の上に釣り鐘型の本体が乗っている3基のチェーディー(仏塔)が配置されています。
   

    

    
正面入口左右にある2基には東側にアーチ型の入口があり、内部は若干崩壊していますが綺麗な形状を残しています。
   

   

    
礼拝堂奥にあるチェーディー(仏塔)は、頂上部分も綺麗な形状で残っており、先にご紹介した仏像とのコントラストが見事です。
    

3:叙階ホール

   

    

   
礼拝堂の北側には叙階ホールがあり、礼拝堂と叙階ホールが並んでいるという珍しい配置になっています。祭壇などが何となく残っているだけで、仏像などはありません。
   
ただ周辺住民の方が、遺跡の上にハトへのエサとして残飯を撒いていましたので、正直、残念でした。
   

4:スリランカ様式のチェーディー(仏像)

 

   

     
叙階ホールの奥側にあるチェーディー(仏塔)だけ、建築様式が異なっており、四角い基礎の上に釣り鐘型の本体が載っていて綺麗な円錐形をしています。形状からスリランカ様式だと思いますが、遺跡調査ではアユタヤ王朝初期の特徴が見受けられるそうです。
  
筆者が見た感じ、このチェーディー(仏塔)が「ワットスワンナーワ」が最も大きく立派に見えます。
   

5:小さなチェーディー(仏塔)

   

   

   

      
礼拝堂奥の多角形のチェーディー(仏塔)とスリランカ様式のチェーディー(仏塔)の間には、階段のある小さなチェーディー(仏塔)があります。チェーディー(仏塔)の上に登れるようになっています。
    

6:鐘楼(しょうろう)と小さなチェーディー(仏塔)

   

   

     
スリランカ様式のチェーディー(仏塔)の横には鐘楼(しょうろう)があり、アーチ型をした部分には漆喰の一部が残っていますので、レリーフなどがあったのではないかと思います。
  

   

     
また鐘楼(しょうろう)の近く、「Uthong Rd(ウートンロード)」方面には小さなチェーディー(仏塔)が2基並んでいます。
   
   

「ワットスワンナーワ(Wat Suwannawas)」の雰囲気は?

  
   

  
 
   
     
チャンネル登録して頂けると励みになります!
  
   
  

  
   

【c】GoPro 【c】GoPro

  

「タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内」の動画は「GoPro Hero7 Black」で撮影しています。
    
   

「ワットスワンナーワ(Wat Suwannawas)」への行き方

  

    
国鉄アユタヤ駅からトゥクトゥクを利用するかレンタルサイクルで気軽に行くことができます。
「ワットスワンナーワ」自体、アユタヤ旧市街の遺跡群に近いため、レンタルサイクルの利用をおすすめします。
   

レンタルサイクルを利用する場合

 
国鉄アユタヤ駅方面から渡し舟を使ってアユタヤ旧市街へ入り、船着き場を上がったところにある「December house」で、1日50バーツでレンタルサイクルを借りることができます。
    
下記の記事で、レンタルサイクルの借り方も記載しています。 
   
 

タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

   世界遺産の街アユタヤには見所が沢山あり、筆者的には、アユタヤの魅力を知ってもらうには3泊4日ほど掛けて、のんびりと…

  
   
レンタルサイクルを借りたら、西側方向(アユタヤ駅とは逆方向)へ約5分ほど直進すると「ワットマハタート」の目の前の交差点となります。ここを右折して、そのまま約500mほど直進すると、左側に「ワットスワンナーワ」が見え、到着です。

ただ駐車場は周回道路の「Uthong Rd(ウートンロード)」側にありますので注意が必要です。
  
   

  
  

名称 ワットスワンナーワ
名称(英) Wat Suwannawas
営業時間 なし
拝観料 なし
住所 4 Uthong Rd, Tambon Tha Wa Su Kri, Amphoe Phra Nakhon Si Ayutthaya, Chang Wat Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000

  
  

その他、豆知識

監視カメラは抑止力になる?

  
  
引用:Pixabay
  
日本でも路上での監視カメラが多くあると思いますが、最近はアユタヤでも主に交通違反に対する監視カメラが数多く設置されています。バンコク方面からアユタヤ旧市街に向かう幹線道路でも、筆者の知る限り3カ所ほど増設されました。
 
監視カメラが交通事故の抑止力になれば良いのですが、基本的に運転の荒いタイ人や超お金持ちのタイ人の方などは、罰金が来ても気にしない程度に信号無視をしますので、交差点では信号機が青になっても、ひと呼吸おいてスタートした方が、より安全になります。
 
またモタサイの場合、監視カメラにナンバープレートが視認できないため、さらに信号無視をして交差点に入ってくる確率が高くなります。
 
このサイトでもレンタルサイクルやレンタルバイクの借り方をご紹介していますが、運転については上記の信号無視が多発しますので十分に注意して下さい。
  
   

まとめ

 

   
アユタヤ旧市街の北側にある「ワットスワンナーワ(Wat Suwannawas)」をご紹介しました。
 
付近の交通量が多いことを知っていましたので、朝07:30頃に行ったのですが、やはり車やモタサイの往来が停まらず、写真を撮るのも時間が掛かってしまうほどの場所にあります。数多くのチェーディー(仏塔)や優しいお顔の仏像など、見どころの多い仏教寺院遺跡なので「ワットラチャブラナ」「ワットマハタート」などに来られた際には、少し足を延ばしてみては如何でしょうか。
 
   
 
    





      
    
   

タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

アユタヤ旧市街の中心地、「ワット・プラ・シーサンペット」の直ぐ傍には、アユタヤ王朝を創設した「ラーマーティボーディー1世…

    
タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

「アユタヤ エレファント キャンプ」にはタイの方を含め、多くの観光客が訪れます。また以前にご紹介した「ヴィハーン・プラ・…

    
タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

アユタヤ遺跡群の中でも人気が高い美しい遺跡で、タイ国内のみならず海外からの観光客も多く訪れる場所でもあり、歴史公園として…

   
 

最新情報をチェックしよう!