CATEGORY

遺跡(北部)

ワットサームウィハーン(วัดสามวิหาร・Wat Sam Vihan)/ 600年前に作られた涅槃像を祀り、王族も訪れる由緒ある現存仏教寺院

     アユタヤ旧市街の島の外、北東側にある「ワットサームウィハーン(วัดสามวิหาร・Wat Sam Vihan)」は、現在でも多くのお坊さんが修行をされている現存寺院ですが、スリランカ様式の大きなメインチェーディー(仏塔)をはじめ、綺麗な装飾が残るサブチェーディー(仏塔)や600年前に作られたとされる、ご本尊の涅槃像など見どころの多い場所でもあります。     幹線道路沿いにあるため、 […]

ワットカムペーン(วัดกำแพง・Wat Kamphaeng)/ 小さな運河沿いの路地の奥にあり、緑に囲まれた公園のような仏教寺院遺跡

       ご紹介する「ワットカムペーン(วัดกำแพง・Wat Kamphaeng)」は、アユタヤ旧市街の島の外、北側の遺跡群の中の一つで奇跡の寺院として有名な「ワットナープラメーン」に接する小さな運河沿いにある住宅街の中にあります。       敷地内には多角形型のチェーディー(仏塔)と礼拝堂跡と思われる塚の上に破壊された仏像が残るだけの小さな仏教寺院遺跡です。     今回は「ワットカム […]

ワットヴィハーントーン(วัดวิหารทอง・Wat Wihan Thong)/ 美しく芸術的な漆喰のレリーフが現存するアユタヤで最も美しいチェーディー(仏塔)

     ご紹介する「ワットヴィハーントーン(วัดวิหารทอง・Wat Wihan Thong)」はアユタヤ旧市街の島の外、北側に位置し、小さなメインチェーディー(仏塔)だけが残る小さな遺跡ですが、バス会社の敷地内にあり、許可がなければ見ることができないものです。    保存状態が良いため、漆喰のレリーフがしっかりと残っており、非常に美しいメインチェーディー(仏塔)を見ることができます。   […]

ワットウォンコーン(Wat Wong Khong・วัดวงษ์ฆ้อง)/ 盗掘被害が痛々しいチェーディー(仏塔)があるアユタヤ王朝中期から続く由緒ある仏教寺院

ご紹介する「ワットウォンコーン(Wat Wong Khong・วัดวงษ์ฆ้อง)」はアユタヤ旧市街の島の外、北側に位置し、現在も多くのお坊さんが修行をされている現存寺院で、現代風のお寺部分とアユタヤ王朝時代から続く古い礼拝堂やチェーディー(仏塔)などが混在する場所でもあります。 アユタヤ王朝中期から後期の年代記にも、その名称が出てくる由緒ある仏教寺院です。 今回は「ワットウォンコーン(Wat […]

ワットマイコンサブゥア(Wat Mai Khlong Sra Boa)/ 礼拝堂とチェーディー(仏塔)にレリーフが残り、大きな鐘楼を持つ隠れた仏教寺院遺跡

    「ワットマイコンサブゥア(Wat Mai Khlong Sra Boa)」は、アユタヤ旧市街の島の外、北側に位置し、礼拝堂と鐘楼(しょうろう)、4基の小さなチェーディー(仏塔)が残る小さな仏教寺院遺跡で、周辺を強固なレンガ壁で囲まれているのが特徴の一つでもあります。   雨季が始まってしまったため、敷地内は草で覆われてしまい内部に入るには長袖とジーンズ、ヘビ対策が必須な場所でもあります。 […]

ワットロントーン(Wat Rong Thong)/ アユタヤ旧市街の郊外にあり、ビルマとの戦争犠牲者を悼むために建立された仏教寺院遺跡

    アユタヤ旧市街の島の外、北西部に位置しバンコクへ続く幹線道路国道347号線沿いにあり、当初Googleマップにも掲載されていなかった仏教寺院遺跡で、小さな礼拝堂とスリランカ様式のメインチェーディー(仏塔)、何かしらの建築物を依り代にして大きく成長したトンポー(菩提樹)で構成されています。   交通の便が非常に悪い場所にあり、トゥクトゥクかレンタルバイクを利用して行くことになりますが、幹線道 […]

ワットポー(Wat Pho)/ 一般の仏教寺院遺跡では珍しいタムナックを有する、アユタヤ旧市街北部の遺跡

   アユタヤ旧市街の島の外、北側にある「ワットポー(Wat Pho)」は、住宅地の中にありながら広い敷地を有し、アユタヤ王朝後期に見られるメインチェーディー(仏塔)をはじめ、叙階ホールや礼拝堂を備え、一般の遺跡には珍しいタムナック(高貴な方の住居)を備えた仏教寺院遺跡です。   グーグルマップにも記載されておらず、周辺の方しか、その存在を知らない遺跡ですが、一見の価値はあります。   今回は「ワ […]

ワットクティートーン(Wat Kudi Thong)/ 2基のチェーディー(仏塔)が静かに佇む、アユタヤ王朝時代から続く仏教寺院

     アユタヤ旧市街の島の外、北側の遺跡は廻り尽くしたと思っていたのですが、まだまだ多くの遺跡が眠っていようです。     ご紹介する「ワットクティートーン(Wat Kudi Thong)」は、現在でもお坊さんが修行をされている現存寺院で、礼拝堂と寺院の奥には2つのチェーディー(仏塔)があります。     今回はアユタヤ旧市街の北側にある現存の仏教寺院「ワットクティートーン(Wat Kudi […]

ワットケー(Wat Khae)/ 建築様式の異なる3基のチェーディー(仏塔)と広大な敷地に多くの建築物が残る仏教寺院遺跡

         「ワットケー(Wat Khae)」はアユタヤ旧市街の島の外、北東部にあり、広大な敷地には大小さまざまなチェーディー(仏塔)をはじめ、礼拝堂や叙階ホールなどが数ヵ所あるなど、かなり大きな仏教寺院遺跡となります。      以前、ご紹介した「ワットジョンコム」や「ワットプラヤーメーン」からも約1.5kmほどしか離れておらず、北部にある遺跡群を観光する場合に気軽に寄れる場所にあります。 […]

ワットメーナーンプルーン / ナレースワン王の伝説が残る、厳かな雰囲気を持つ現存仏教寺院

    ご紹介する「ワットメーナーンプルーン(Wat Mae Nang Plum)」は、アユタヤ旧市街の島の外、北東側にある現存寺院で、お坊さんが修行されています。敷地内には漆喰のシン(ライオン)像が配置されたチェーディー(仏塔)をはじめ、陶器で装飾された礼拝堂やアユタヤ王朝から続く礼拝堂など、小さいですが見所の多い場所でもあります。   アユタヤ王朝第21代「ナレースワン王」の関係する伝説やビル […]