ワットクティートーン(Wat Kudi Thong)/ 2基のチェーディー(仏塔)が静かに佇む、アユタヤ王朝時代から続く仏教寺院


    
アユタヤ旧市街の島の外、北側の遺跡は廻り尽くしたと思っていたのですが、まだまだ多くの遺跡が眠っていようです。
   
ご紹介する「ワットクティートーン(Wat Kudi Thong)」は、現在でもお坊さんが修行をされている現存寺院で、礼拝堂と寺院の奥には2つのチェーディー(仏塔)があります。
   
今回はアユタヤ旧市街の北側にある現存の仏教寺院「ワットクティートーン(Wat Kudi Thong)」をご紹介します。

「ワットクティートーン(Wat Kudi Thong)」とは?

    

    
アユタヤ旧市街の島の外、北側に位置し、ムアン運河沿いにある現存の仏教寺院で、多くのお坊さんが修行をされています。
   
寺院の敷地は、礼拝堂と2基のメインチェーディー(仏塔)側とお坊さんの宿坊側の2つに分かれており、アユタヤ王朝当時には礼拝堂やメインチェーディー(仏塔)側の周辺は壁で囲まれていたようで2つの門があります。
 
この寺院の面白いのは正面入り口が東側ではなく、南側になっていることでアユタヤの寺院では珍しい方向に作られています。

正確な建立時期や理由は分かっていませんが、建築様式からアユタヤ王朝初期から中期に建立され、その後、アユタヤ王朝後期に改修、修復されたことが分かっています。
 
この寺院についてアユタヤ王朝年代記に記載があり、カンボジアのクメール王朝がアユタヤ王朝へ攻撃を仕掛けた際に、クメール王朝側の駐屯地として使われましたが、アユタヤ王朝側の砲撃により、指揮官が戦死したことでクメール王朝は撤退し、寺院も難を逃れたという伝承が残っています。
   
   

「ワットクティートーン(Wat Kudi Thong)」の見どころは?

1:礼拝堂

   

  

   

   

   
寺院の礼拝堂は1段高い階段の上にあり、基礎の下にはアユタヤ王朝当時に作られた遺跡の一部が眠っていると考えられています。
   

  

   

     
礼拝堂は幅10m、長さ22mと大きく、中には優しい表情の大きな仏像が中心に安置され、周辺を少し小さな仏像が取り囲むような感じに安置されています。
       

   

   
窓枠の装飾をよく見ると、コンクリートや漆喰ではなく、木製のレリーフになっており、年代を感じます。
  
また礼拝堂の中には古い土器のような壺が幾つか置いてあり、恐らくですが、この寺院の発掘調査時に発見されたものだと思います。
   

2:2つのメインチェーディー(仏塔)

    

  

  

   

    
礼拝堂の後ろ側に、スリランカ様式の2基のメインチェーディー(仏塔)があり、手前側にあるメインチェーディー(仏塔)は綺麗な形状を保っていますが、後ろ側のもう1基は上部の崩壊が進んでおり、さらに周辺に草が生い茂っていて全体像を見ることはできません。
  
崩壊防止のためか、周辺をコンクリートで固めてあり、少し残念な感じがしました。
 

3:周辺を囲む壁と門

    

   

   

    
寺院の周辺には160cmほどある壁があり、寺院正面に2ヵ所アーチ型の門が設置されており、アユタヤ王朝当時の面影を見ることができます。
    
   

「ワットクティートーン(Wat Kudi Thong)」の雰囲気は?

 

  
よかったらチャンネル登録をお願いします
       
   

  
   

【c】GoPro 【c】GoPro

  

「タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内」の動画は「GoPro Hero7 Black」で撮影しています。
       
              

「ワットクティートーン(Wat Kudi Thong)」への行き方

   

     
「ワットクティートーン(Wat Kudi Thong)」はアユタヤ旧市街の島の外、北側にありますが、以前にご紹介した「ワットメーナーンプルーン」と同じ幹線道路沿いにあり、国鉄アユタヤ駅からであればトゥクトゥク、旧市街の「December House」からであれば、レンタルサイクルでも行くことができます。
 

トゥクトゥクを利用する場合

国鉄アユタヤ駅から片道150バーツで行くことができますが、アユタヤ旧市街の中心部から近いため、3時間600バーツで貸切って、近隣の遺跡や寺院を廻った方がお得です。
 

レンタルサイクルを利用する場合

渡し舟を使ってアユタヤ旧市街へ入り、「December House」で1日50バーツでレンタルサイクルを借り、まずは「Ho Rattanachai Rd」を西に進み「ワットマハタート」を目指します。
 
「ワットマハタート」の交差点に到着したら、右折して暫く道なりに進んで「ワットスワンナーワ」の交差点を直進し、小さな橋を渡ってアユタヤ島の外に出ます。
 
100mほど進むと左側に「ワットウォンコーン」という仏教寺院があり、その交差点を左折し、道なりに約700mほど直進すると右側に「ワットクティートーン(Wat Kudi Thong)」が見え、到着です。
 
「December House」から約20分ほどの道のりになります。
 
 

  
  
 

名称 ワットクティートーン
名称(英) Wat Kudi Thong
営業時間 08:00~17:00
拝観料 なし
住所 23 ถนน ป่าโทน Tambon Khlong Sa Bua, Amphoe Phra Nakhon Si Ayutthaya, Chang Wat Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000

    
 

まとめ

   

     
アユタヤ旧市街の島の外、北側にある現存寺院の「ワットクティートーン(Wat Kudi Thong)」をご紹介しました。
   
たまたま会社の同僚の自宅が近くにあり、「遺跡と寺院が一緒になった所があるよ」と教えてもらったのが切っ掛けでしたが、観光客は絶対に知らない穴場スポットで、静かにお参りをすることができる寺院なので、一度、足を延ばしてみて下さい。
  



>


>

  



      
    
   

タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

「ワットメーナーンプルーン(Wat Mae Nang Plum)」は、アユタヤ旧市街の島の外、北東側にある現存寺院で、お…

    
タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

「ワットプラヤーメーン」はアユタヤ旧市街の島の外、北側にある遺跡群の一つで、広大な敷地に礼拝堂をはじめ、チェーディー(仏…

    
タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

「ワットタッカイ」は、タイ人の方であれば、誰でも知っているタイ古典文学の伝承物語「クンチャーン・クンペーン」に縁のあると…

最新情報をチェックしよう!