CATEGORY

遺跡(中央部)

ワットメイナンムック(วัดแม่นางมุก・Wat Mae Nang Muk)/ アユタヤ王朝時代の旧運河沿いにあったといわれる、クメール様式の流れをくむ仏塔が残る仏教寺院遺跡

   アユタヤ旧市街の中心部に位置する「Rama Public Park(ラーマパブリックパーク)」、通称「アユタヤ歴史公園」があり、その近隣には小さな仏教寺院遺跡が点在しています。    この公園から200mほど離れた場所に、アユタヤ大学の同窓会事務局といった施設があり、その敷地内にも小さな遺跡が残っています。    今回はアユタヤ旧市街の中心部にある小さな仏教寺院遺跡「ワットメイナンムック(ว […]

古代給水タンク(Ancient Water Tank)/ アユタヤ王朝王宮内の生活基盤を支えた、非常に珍しい灌漑設備の遺跡

    アユタヤ王朝時代、島の中心部にあった王宮などに水を給水するための設備があったといわれており、王宮だけでなくアユタヤに点在する仏教寺院遺跡の数々にも、その痕跡が残っています。 アユタヤでも人気の高い観光地の一つ「ワットプラーシーサンペット」と「ワットヴィハーンプラモンコンビット」の横にある市場へ抜ける道の傍に王朝時代の「給水タンク」の遺跡が残っています。   今回は、アユタヤ王朝時代に王宮の […]

ワットヤーンセーン(วัดญาณเสน , Wat Yannasen)/ 巨大で凝った作りのメインチェーディー(仏塔)が目印の現存仏教寺院

アユタヤ旧市街の島内、北側に位置し、周回道路である「Uthong Rd(ウートンロード)」沿いにある「ワットヤーンセーン(วัดญาณเสน , Wat Yannasen)」は、非常に高いメインチェーディー(仏塔)と周辺に配置されたサブチェーディー(仏塔)、礼拝堂から構成される仏教寺院遺跡で、現在もお坊さんが修行を行っている現存寺院でもあります。 多角形型で背が高く美しいメインチェーディー(仏塔) […]

ワットノック(Wat Nok)/ クメール様式のメインチェーディー(仏塔)と美しいレリーフが残る由緒ある仏教寺院遺跡

     ご紹介する「ワットノック(Wat Nok)」は旧市街の中心部、世界遺産「古都アユタヤ」の代名詞ともいえる「ワットマハタート」の横にあり、遺跡の一部と間違われることが多々あり、散策途中に見られた方も多いのではないでしょうか。   壁面の残った礼拝堂、破壊された仏像とクメール様式に似たメインチェーディー(仏塔)で構成されており、漆喰のレリーフも残っている小さいながらも見どころのある仏教寺院遺 […]

ワットランカーカオ(Wat Langkha Khao)/ アユタヤ旧市街の中心部、歴史公園内にあり、美しいメインチェーディー(仏塔)だけが残る仏教寺院遺跡

     「ワットランカーカオ(Wat Langkha Khao)」は、アユタヤ旧市街の中心部に位置する「Rama Public Park(ラーマパブリックパーク)」の中にある小さな遺跡群の中の一つです。   アユタヤの代名詞ともいえる「ワットマハタート」の裏側、「ワットチュムセーン」の直ぐ近くにあり、メインチェーディー(仏塔)と周辺に礼拝堂の跡が残るだけでの小さな仏教寺院遺跡です。   今回は「 […]

ワットポム(Wat Phong)/ アユタヤでは、ここにしかない珍しいメインチェーディー(仏塔)を有する仏教寺院遺跡

アユタヤ旧市街の中心部にある「Rama Public Park(ラーマパブリックパーク)」の中には、小さな遺跡が点在しており、公園として整備され徒歩やレンタルサイクルなどで、のんびりと散策しながら観光することができます。 「ワットポム(Wat Phong)」は、礼拝堂とちょっと独特の形状をしたメインチェーディー(仏塔)、周辺のサブチェーディーで構成されており、アユタヤ王朝第21代「ナレースワン王」 […]

ワット サンカパット(Wat Sangkhopad)/ タイ北部「ラーンナー王朝」の流れを汲むメインチェーディー(仏塔)が残る仏教寺院遺跡

   アユタヤ旧市街の中心部に位置する「Rama Public Park(ラーマパブリックパーク)」内には、以前にご紹介した「ワットランカーダム」ような小さな遺跡が点在しており、整備された遊歩道を巡りながら、のんびりと散策することができます。   「Rama Public Park(ラーマパブリックパーク)」は、アユタヤの代名詞でもある「ワットマハタート」の裏側にあり、ご紹介する「ワット サンカパ […]

ワットタノンジン(Wat Thanom Jin)/ アユタヤ王朝後期に建立され、華やかな中国人街にあった仏教寺院遺跡

    ご紹介する「ワットタノンジン(Wat Thanom Jin)」はアユタヤ旧市街の島の中、南東部に位置する住宅街の中にあり、埋もれてしまった礼拝堂と崩壊したチェーディー(仏塔)が残る小さな仏教寺院遺跡です。     完全に住宅街に囲まれており、こんな路地の奥に遺跡があるとは思わないような場所にあり、観光客はまず知らない場所です。    今回は「ワットタノンジン(Wat Thanom Jin) […]

ワットスワンチェーディー(Wat Suwan Chedi)/ 大学の敷地内にあり、許可なしでは見ることができない仏教寺院遺跡

    ご紹介する「ワットスワンチェーディー(Wat Suwan Chedi)」は、タイの世界遺産「古都アユタヤ」の主要構成遺跡である「ワットラチャブラナ」の後ろ側、「Rajamangala University(ラジャマンガラ大学)」の敷地内にあり、メインチェーディー(仏塔)をはじめ、礼拝堂跡、叙階ホールなどで構成された仏教寺院遺跡です。   大学の敷地内部に位置し、許可がなければ入ることができ […]

ワットトライトゥン(Wat Traitrueng)/ 世界遺産の中心部近くにありながら、崩壊し風化したメインチェーディー(仏塔)が痛々しい仏教寺院遺跡

    ご紹介する「ワットトライトゥン(Wat Traitrueng)」は、アユタヤ旧市街の中心部、王朝を創始したウートン王を荼毘に付した「ワットプララーム」の直ぐ近くにあり、崩落したメインチェーディー(仏塔)と、建物の一部を侵食し包み込んだ大きな菩提樹がある仏教寺院遺跡です。   「アユタヤエレファントキャンプ」へ続く「Pa Thon Rd(パトンロード)」沿いにあるため、観光途中に見られたこと […]