ワットランカーカオ(Wat Langkha Khao)/ アユタヤ旧市街の中心部、歴史公園内にあり、美しいメインチェーディー(仏塔)だけが残る仏教寺院遺跡


    
「ワットランカーカオ(Wat Langkha Khao)」は、アユタヤ旧市街の中心部に位置する「Rama Public Park(ラーマパブリックパーク)」の中にある小さな遺跡群の中の一つです。
 
アユタヤの代名詞ともいえる「ワットマハタート」の裏側、「ワットチュムセーン」の直ぐ近くにあり、メインチェーディー(仏塔)と周辺に礼拝堂の跡が残るだけでの小さな仏教寺院遺跡です。
 
今回は「Rama Public Park(ラーマパブリックパーク)」内にある「ワットランカーカオ(Wat Langkha Khao)」をご紹介します。
 
 

「ワットランカーカオ(Wat Langkha Khao)」とは?

   

   
アユタヤ旧市街の中心部にある「Rama Public Park(ラーマパブリックパーク)」の中にあり、「ワットマハタート」の裏側に位置し、メインチェーディー(仏塔)と礼拝堂の基礎の跡が残るだけの小さな仏教寺院遺跡です。
 
他の遺跡同様、1767年のビルマ(現在のミャンマー)による軍事侵攻によって資料が失われており、建立された正確な時期や理由などは分かっていません。
 
メインチェーディー(仏塔)は、八角形の基礎の上に釣り鐘型の本体が乗っている形状から、アユタヤ王朝中期から後期の特徴を備えており、この時期に建立されたと考えられています。
 
アユタヤ王朝時代には運河に囲まれていたと考えられていますが、現在はその殆どが埋め立てられており、東側に少しだけ、その名残を見ることができる程度になっています。
 
また東側に内部への入口がありますが、コウモリや鳩の巣になっていますので入らない方が無難です。
 
  

「ワットランカーカオ(Wat Langkha Khao)」の見どころは?

メインチェーディー(仏塔)

   

   

   

   

      
「ワットランカーカオ(Wat Langkha Khao)」の唯一の建築物であるメインチェーディー(仏塔)は四角い基礎の上に八角形の土台があり、その上に釣り鐘型の本体が乗っている形状をしており、頂上部分まで残っているため、遠くから見ると非常に綺麗でおすすめです。
 
部分的に白い漆喰が残っていますが、レリーフなどの美術的なものは残念ながら残っていません。
 

礼拝堂の基礎

   

    

   
メインチェーディー(仏塔)の東側には、礼拝堂と思われるレンガの基礎だけが残っています。
 

「ワットランカーカオ(Wat Langkha Khao)」への行き方

     

    
アユタヤの代名詞でもある「ワットマハタート」の裏側にあり、比較的、アクセスしやすい場所にありますので国鉄アユタヤ駅からトゥクトゥクを利用するよりも、周辺にある遺跡を気軽に観て廻り易い、レンタルサイクルを借りる方がおすすめです。
 

レンタルサイクルを借りる場合

国鉄アユタヤ駅方面から、渡し舟を利用して旧市街側に渡り、「December House」でレンタルサイクルを1日50バーツで借り、「Ho Rattachanai Rd」を西に約1.2kmほど直進し「ワットマハタート」へ向かいます。
 
「ワットマハタート」の交差点にでたら、これを右折し約150m先の交差点を左折し、「ワットプラーシーサンペット」方面へ向かう「Naresuan Rd」に入り、約400mほど進むと左側に「ワットランカーカオ(Wat Langkha Khao)」が見え、到着です。
 
「December House」からの所要時間は約10~15分ほどとなります。
 
   

  

名称 ワットランカーカオ
名称(英) Wat Langkha Khao
営業時間 なし
拝観料 なし
住所 Tha Wa Su Kri, Amphoe Phra Nakhon Si Ayutthaya, Chang Wat Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000

    
   

その他、豆知識

プラメートラニー

   

   

   

   

    
「ワットランカーカオ(Wat Langkha Khao)」のある「Rama Public Park(ラーマパブリックパーク)」の中には小さな遺跡が点在しており、のんびりと散策しながら見て廻ることができますが、その中には遺跡ではない寺院?もあります。
 
「ワットランカーカオ(Wat Langkha Khao)」から約250mほど離れた場所に、瞑想中に悪魔の軍団に襲われそうになった仏陀を救ったとされるヒンドゥー教の地母神である「プラメートラニー」を祀ってある祭壇があります。
 
残念なことにプラメートラニー像が少し壊れていますが、綺麗なお顔をされていますので一見の価値はあると思います。
 
公園内を散策する際に、足を延ばしてみては如何でしょう。
  

新しいタイのお土産に

   

  
先日セブンイレブンに寄った際、何気に子供のお菓子を見ていると日本でもお馴染みのチョコレート菓子である「トッポ(TOPPO)」にトムヤムクン味とバーベキュー味というものが、1箱20バーツで販売されていました。
 
プリッツのラープ味などタイのお土産として喜ばれますが、このトムヤムクン味のトッポもお土産として最適なので、是非、お試しを!
 
    

まとめ

  

  
アユタヤ旧市街の中心部「Rama Public Park(ラーマパブリックパーク)」の中にある「ワットランカーカオ(Wat Langkha Khao)」をご紹介しました。メインチェーディー(仏塔)が残るだけの小さな仏教寺院遺跡ですが、美しい釣り鐘型のチェーディー(仏塔)は一見の価値がありますので、この機会に足を延ばしてみては如何でしょうか。
 
  



>


>

  



      
    
   

タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

「ワットランカーダム(Wat Langkhadum)」は、アユタヤ旧市街の中心地である「アユタヤ歴史公園」の中にあり、小…

    
タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

「ワットプラッパーチャイ(Wat Plub Pla Chai)」は、世界遺産の集中するアユタヤ旧市街の中心地に近い場所に…

    
タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

アユタヤ旧市街の中心部、世界遺産「古都アユタヤ」の構成遺跡である「ワットプララーム」の直ぐ近くにあり、崩落し風化したメイ…

 

最新情報をチェックしよう!