ワットハッサダーワ / アユタヤ王朝がビルマと和平交渉を行った地域にある仏教寺院遺跡


   
「ワットハッサダーワ(Wat Hasadavas)」は、世界遺産「古都アユタヤ」の遺跡群から少し北側に離れた島の外、以前にご紹介した奇跡の寺院「ワット ナープラメーン」の隣にあります。

小さな仏教寺院遺跡ですが綺麗に整備されており、スリランカ様式とタイ様式2つのチェーディー(仏塔)と礼拝堂で構成されています。

今回は「ワットハッサダーワ(Wat Hasadavas)」をご紹介します。
  
     

「ワットハッサダーワ(Wat Hasadavas)」とは?

   

   
アユタヤ旧市街の遺跡群から北に離れており、「ワット ナープラメーン」のすぐ隣にひっそりと佇む仏教寺院遺跡です。
  
他の小さな遺跡同様、建立時期や理由などの詳しい資料は残されていませんが、建築物の特徴からアユタヤ王朝中期に建立されたと考えられています。
   
「ワットハッサダーワ(Wat Hasadavas)」の名前がアユタヤ王朝の歴史に出てくるのは、第18代「チャクラパット王(1509~1569年)」がビルマ(現在のミャンマー)との第一次緬泰戦争(1548~1549年)で「シースリヨータイ王妃」を失った後、第二次緬泰戦争(1563~1564年)でアユタヤ王朝がビルマに敗れた時となります。

「ワットハッサダーワ」と「ワット ナープラメーン」のあるこの地域で、アユタヤ王朝とビルマとの間で和平条約締結を行ったといわれています。

第二次緬泰戦争が起こった理由は、チャクラパット王が軍事増強のため、ゾウ狩りを行った際に7頭の白ゾウを捕獲し、そのうちの2頭をビルマのタウングー王朝のバインナウン王から要求され、これを断ったことが始まりといわれています。

遺跡のことを調べてみると、以前にご紹介した「チェーディー・シースリヨータイ」に祀られている「シースリヨータイ王妃」にも関係しており、色々な遺跡が歴史的に繋がっているのが分かります。
  
  

「ワットハッサダーワ(Wat Hasadavas)」の見どころは?

1:スリランカ様式のチェーディー(仏塔)

  

  

  

   
この「ワットハッサダーワ(Wat Hasadavas)」には2つのチェーディー(仏塔)があり、スリランカ様式の釣り鐘型のチェーディー(仏塔)は修復されて美しい姿を見せてくれます。
   
四角い基礎の上に釣り鐘型のチェーディー(仏塔)があり、現在はその姿を確認することができませんが、基礎の周辺には「ワットマヘーヨン」と同じくゾウの彫刻が全面を囲っていたといわれており、「白象王」とよばれたチャクラパット王に関連しているようです。
   

2:タイ様式のチェーディー(仏塔)

     

  

  

  

    
8角形の基礎部分が特徴的なチェーディー(仏塔)で、頂上部分は仏塔の横に崩落しており、その跡を見ることができます。
  

  
また崩落した頂上部分には「トンポー(菩提樹)」が2つ生えており、妻はここには神様がいるというようなことをいっていました。
    

3:礼拝堂

   

   

   

   

     
先にご紹介した2つの様式が異なるチェーディー(仏塔)に挟まれるように、寺院の中心には仏像を祀った礼拝堂があります。
   
大きさは幅約12m、長さ約20mとなり、遺跡の発掘調査では礼拝堂が同じ基礎の上に、3回ほど建て替えを行ったことが分かっています。残念ながら、現在の礼拝堂には仏像の姿はなく、恐らく礼拝堂の一部と思われるものが安置されています。
  
  

「ワットハッサダーワ(Wat Hasadavas)」の雰囲気は?

    

   
チャンネル登録をして頂けると励みになります。
 

「ワットハッサダーワ(Wat Hasadavas)」へ行くには?

    

    
「ワットハッサダーワ(Wat Hasadavas)」は、アユタヤ旧市街から少し離れており、レンタルサイクルで行くこともできますが、近くには奇跡の寺院「ワット ナープラメーン」「ワット チュンター」などもありますので、国鉄アユタヤ駅からトゥクトゥクを利用して廻った方が便利です。

通常であれば「ワット ナープラメーン」まで、片道150バーツで行くことができ、交渉次第では1時間200~300バーツで貸し切ることもできますので、おススメです。
  
  

  
  

名称 ワット ハッサダーワ
名称(英) Wat Hasadavas
営業時間 フリータイム
拝観料 無料
住所 Lum Phli Amphur Muang Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000

    
   

まとめ

   

   
アユタヤ旧市街の北側、島の外にある「ワットハッサダーワ(Wat Hasadavas)」をご紹介しました。2つの異なるチェーディー(仏塔)と礼拝堂を持つ、小さな仏教寺院遺跡ですが、アユタヤ王朝がビルマ(現在のミャンマー)の属国となった時の舞台になったという歴史を持っています。
 
直ぐ近くには、筆者オススメの「ワット ナープラメーン」「ワット チュンター」もありますので、是非、足を延ばしてみて下さい。
 
  
 
  
  

   
   

  
 
 
 



   
   

タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

ご紹介する「ワットナープラメーン」は、チャオプラヤー川に囲まれたアユタヤ遺跡群の外側、北に少し離れた場所にある現存寺院で…

 
タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

アユタヤ旧市街の西側に位置する「チェーディー・シースリヨータイ」は、島周辺を周回する「Uthong Rd(ウートンロード…

 

タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

「ワット チュンター(Wat Choeng Tha)」は、チャオプラヤー川とパーサック川に囲まれたアユタヤ旧市街の島の外…

  

最新情報をチェックしよう!