ワットウボーソット(Wat Ubosot)/ 美しい多角形型のチェーディー(仏塔)に登り、上からの景色を堪能できる仏教寺院遺跡


    
「ワットウボーソット(Wat Ubosot)」はアユタヤ旧市街の島内、南西部に位置し、アユタヤ王朝時代にあった運河沿いにあり、多角形型のメインチェーディー(仏塔)と礼拝堂が残る仏教寺院遺跡となります。
 
小さな遺跡ですが、世界遺産「古都アユタヤ」での主要な遺跡の一つに数えられています。
 
今回は「ワットウボーソット(Wat Ubosot)」をご紹介します。
   
    

「ワットウボーソット(Wat Ubosot)」とは?

    

     
アユタヤ旧市街の島の中、南西部に位置し、多角形型のメインチェーディー(仏塔)と礼拝堂、祭壇に破壊された仏像、寺院周辺を囲む壁の跡が残る小さな仏教寺院遺跡となります。

アユタヤ王朝時代の運河沿いにあり、先にご紹介した「ワットジャオプラッ(Wat Chao Prab)」の直ぐ横にあり、公園内の運河跡に掛かる橋を歩いて行くことができます。
 
「ワットウボーソット(Wat Ubosot)」が建立された正確な時期や理由などは分かっていませんが、建築物の特徴からアユタヤ王朝中期~後期に建立されたと考えられています。
   
   

「ワットウボーソット(Wat Ubosot)」の見どころは?

    

礼拝堂跡と破壊された仏像

  
    

   
寺院正面である東側に配置されているのが「礼拝堂」で、長方形の古い基礎の上に作られており、以前にあった古い建築物を取り壊して、新たに現在の礼拝堂を作り直したと考えられています。少し崩落した基礎を登ると、一段高い壁に囲まれた礼拝堂となります。
   

    

     
礼拝堂内部には、建物の屋根を支えていた柱の基礎部分が残っており、背の高い建物だったことが想像できます。
      

    

    

   

    
また西側奥には、さらに高い祭壇が配置されており、2体の破壊された仏像と、仏像の一部が安置されています。
 

メインチェーディー(仏塔)

   

   

   

    

      
礼拝堂の後ろ、西側には多角形型のメインチェーディー(仏塔)があり、アユタヤ王朝中期~後期によく見られる建築様式となっています。頂上部分も綺麗に残っており、非常に美しいので一見の価値は十分にあります。
    

    

   

   

     

    
四角い基礎の上に作られており、その四隅と東側正面に小さなチェーディー(仏塔)が計5基配置されたデザインとなっていて、さらに南側には階段が配置してあり、現在でも上に登ることが可能です。
   

    
急な階段を登ると、最上段の中心にトンポー(菩提樹)の幼木が生えており、これから長い年月をかけてチェーディー(仏塔)を浸食して行くのだと思います。
    

    

    
また最上段は、チェーディー(仏塔)の周辺をぐるりと歩くことができるテラスになっていますが、アユタヤ王朝時代に作られたと思われる手すりの一部が残っているのみで、防護措置は一切ありませんので落ちないように注意が必要です。
   
    

「ワットウボーソット(Wat Ubosot)」の雰囲気は?

  

  
      
チャンネル登録をお願い致します!
     
  

  
   

【c】GoPro

>

  

「タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内」の動画は「GoPro Hero7 Black」で撮影しています。
     
 

「ワットウボーソット(Wat Ubosot)」への行き方

   

   
「ワットウボーソット(Wat Ubosot)」のあるアユタヤ旧市街の島内、南西部は比較的交通の便が悪い場所となりますので、トゥクトゥクかレンタルバイクを利用して行かれることをオススメします。    
 

トゥクトゥクを利用する場合

国鉄アユタヤ駅からトゥクトゥクを利用する場合、片道100バーツで行くことができますが、約2kmほど離れた場所には「アユタヤエレファントキャンプ」や「ワットプララーム」などもあり、3時間600バーツで貸切った方がお得だと思います。 
 

レンタルバイクを利用する場合

国鉄アユタヤ駅から歩いて3分の場所にある渡し舟でアユタヤ旧市街に入り、船着き場近くにある「December house」で1日200バーツでレンタルバイクを借ります。
 
そのままアユタヤ島の周回道路である「Uthong Rd(ウートンロード)」を南方向に向かって道なりに進み、約3.5kmほどで「県立アユタヤ病院」が右側に見えます。そこから約500mほど直進すると、アユタヤ王朝時代の運河跡が右側に見えますので右折して約200mで到着です。
 
距離約4km、時間にして約10分ほどの道なりとなります。
    
   

   
    

名称 ワットウボーソット
名称(英) Wat Ubosot
営業時間 なし
拝観料 なし
住所 Pratuchai, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000

   
   

その他、豆知識

今年は暑い!

   

   
タイでは例年3月から徐々に暑くなり始め、4月のソンクランが最も暑くなるというパターンなのですが、今年は3月上旬から気温が上がり始め、昼間の気温が37℃ほどになっており、いつもの年よりも気温の上昇が早くなっています。
 
遺跡回りをする際、日焼け止めを塗っていてもジリジリと日焼けしてしまうのが分かるほどです。
 
今回、筆者も妻からいわれて、初めて日傘をさしながら遺跡の写真や動画撮影をしましたが、直射日光に当たらないだけでも、日焼け防止と体力温存ができるので、かなり楽に動くことができました。
  
アユタヤの遺跡群を回る際、案外日陰が少ないので、旅行に来られる時には「折り畳み式日傘」を持参されることをオススメします。
  

   
    

まとめ

   

    
アユタヤ旧市街の南西部にある「ワットウボーソット(Wat Ubosot)」をご紹介しました。小さな仏教寺院遺跡ですが、美しい形状をしたメインチェーディー(仏塔)は必見で、チェーディー(仏塔)の上から見える景色も絶景なので、是非、足を運んでみて下さい。
 
 
 
  
 
    





      
    
   

タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

タイ、世界遺産の街アユタヤ旧市街の島の中、北東部にある「ワットクンセーン(Wat Khun Saen)」は、古式ムエタイ…

    
タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

   タイの世界遺産の街、アユタヤには旧市街の島内以外にも遺跡が点在しており、地元の方しか知らないような素性の分からない…

    
タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

ご紹介する「プラサート ナコンルアン」は、世界遺産に指定されている「古都アユタヤ」の遺跡群から離れた「ナコンルアン郡」に…

   
 

最新情報をチェックしよう!