ワットチェーディーヤイ(Wat Chedi Yai)/ 巨大なチェーディー(仏塔)だけが残る放棄された仏教寺院遺跡


   
「ワットチェーディーヤイ(Wat Chedi Yai)」はアユタヤ旧市街の西側に位置し、以前にご紹介した「ワットサンカテェ(Wat Sangkha Tha)」の横にある仏教寺院遺跡です。
 
アユタヤ王朝時代の運河に囲まれており、横を走る幹線道路からは見ることができますが、行くためには「ワットサンカテェ(Wat Sangkha Tha)」同様に「けもの道」を通って行く必要があります。
 
今回は寺院の名称通り、大きなチェーディー(仏塔)が目印の「ワットチェーディーヤイ(Wat Chedi Yai)」をご紹介します。
  
   

「ワットチェーディーヤイ(Wat Chedi Yai)」とは?

   

   
アユタヤ旧市街の西側に位置し、大きなスリランカ様式チェーディー(仏塔)と建物の基礎が少し残るのみの小さな仏教寺院遺跡で、礼拝堂などの建築物は、1767年のビルマ(現在のミャンマー)による軍事侵攻によって、完全に破壊されたと考えられています。   

以前にご紹介した「ワットサンカテェ(Wat Sangkha Tha)」と敷地を隣接しており、道路から見ることはできますが、アユタヤ王朝時代の運河の一部に囲まれているため、野原を抜ける「けもの道」を通って行く必要があります。
 
他の遺跡同様、建立された正確な時期や理由などは分かっていませんが、チェーディー(仏塔)の様式からアユタヤ王朝中期に作られたと考えられています。
 
      

「ワットチェーディーヤイ(Wat Chedi Yai)」の見どころは?

  

   

       
「ワットチェーディーヤイ(Wat Chedi Yai)」には、その名の通りスリランカ様式の巨大なチェーディー(仏塔)と壁の跡が少しだけ残るのみとなっています。
  

    

   
チェーディー(仏塔)の一部が、階段状にデザインされており、基礎部分の上に登ることが可能で、周辺をグルっと回ることができます。
   

  
基礎は八角形で、釣り鐘型の本体部分も部分的に剥がれ落ちており、完全な修復はされていません。
   
   

「ワットチェーディーヤイ(Wat Chedi Yai)」の雰囲気は?

   
   

  
     
チャンネル登録をお願い致します!
     
  

  
   

【c】GoPro

>

  

「タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内」の動画は「GoPro Hero7 Black」で撮影しています。
       
       

「ワットチェーディーヤイ(Wat Chedi Yai)」への行き方

   

    
「ワットチェーディーヤイ(Wat Chedi Yai)」はアユタヤ旧市街の西側に位置し、野原のけもの道を抜けて行くなど、非常に不便な場所にありますので国鉄アユタヤ駅からトゥクトゥクを利用して行かれることをオススメします。
 

トゥクトゥクを利用する場合

国鉄アユタヤ駅から片道150バーツで行くことができますが、帰りのことを考慮すると2時間400バーツで貸切った方が良いと思います。また隣には以前にご紹介した「ワットサンカテェ」もありますので、合わせて見て廻れます。
 

 
 

名称 ワットチェーディーヤイ
名称(英) Wat Chedi Yai
営業時間 なし
拝観料 なし
住所 Khlong Tho Rd, Ayuttaya Municipality, Amphoe Phra Nakhon Si Ayutthaya, Chang Wat Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000

  
  

その他、豆知識

2019年04月ソンクラーンの雰囲気は?

記事を書いている2019年04月14日は、タイ全土がソンクラーン(水掛け祭)の真っ最中になっており、筆者の住むアユタヤでも決められた一部地域で、盛大に水掛けを楽しんでいます。
   
アユタヤの周回道路「Uthong Rd(ウートンロード)」の「チャオプロム市場周辺」を夕方16時から一部閉鎖して、ソンクランの水掛け祭を楽しめるようになっており、夕方からは多くの人で賑わいます。

また渋滞で動画や写真が撮れませんでしたが、「アユタヤエレファントキャンプ」の近くでは、日中にゾウと一緒に水掛けを楽しむことができるようになっています。
 
是非、濡れても大丈夫な恰好でお出掛けしてみては如何でしょう。
 
筆者も夕方からチャオプラム市場周辺に、子供と少しだけ出掛けてみましたが、全身ずぶ濡れになって大変でした。
 
 

  
  
   

【c】GoPro 【c】GoPro

   
    

まとめ

   

    
アユタヤ旧市街西部に位置する「ワットチェーディーヤイ(Wat Chedi Yai)」をご紹介しました。
 
大きなチェーディー(仏塔)しか残っていない仏教寺院遺跡ですが、かなり大きく立派なので、アユタヤ王朝時代には多くの方が訪れていたのではないかと思います。
 
アユタヤに来られた際には、隣にある「ワットサンカテェ(Wat Sangkha Tha)」と合わせて観光されては如何でしょうか。
  
 
   
 
    





      
    
   

タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

「ワットクンムアンチャイ」はアユタヤ旧市街にあり、倒壊した大きなチェーディー(仏塔)をはじめ、礼拝堂、叙階ホールなど見所…

    
タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

ご紹介する「ワットコークプラヤー(Wat Khok Phraya)」はアユタヤ旧市街の北部に位置し、世界遺産「古都アユタ…

    
タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

アユタヤ旧市街の北側、島の外にある「ワットハッサダーワ(Wat Hasadavas)」をご紹介しました。2つの異なるチェ…

   
 
 

最新情報をチェックしよう!