ワットカムペーン(วัดกำแพง・Wat Kamphaeng)/ 小さな運河沿いの路地の奥にあり、緑に囲まれた公園のような仏教寺院遺跡


      
ご紹介する「ワットカムペーン(วัดกำแพง・Wat Kamphaeng)」は、アユタヤ旧市街の島の外、北側の遺跡群の中の一つで奇跡の寺院として有名な「ワットナープラメーン」に接する小さな運河沿いにある住宅街の中にあります。
     
敷地内には多角形型のチェーディー(仏塔)と礼拝堂跡と思われる塚の上に破壊された仏像が残るだけの小さな仏教寺院遺跡です。
   
今回は「ワットカムペーン(วัดกำแพง・Wat Kamphaeng)」をご紹介します。
   
   

「ワットカムペーン(วัดกำแพง・Wat Kamphaeng)」とは?

    

   
アユタヤ旧市街の島の外、北側にある遺跡群の中の一つで、奇跡の寺院として有名な「ワットナープラメーン」の先にある小さな運河沿いの車1台がやっと通れる程度の狭い路地の奥にあり、近隣住宅に囲まれているため、子供の遊び場になっている公園のような感じの遺跡です。
    
正式な遺跡の発掘調査は行われていないようで、原型を留めていない礼拝堂が埋まっていると思われる場所には、多くの遺物が残っている可能性があるといわれています。
    
他の遺跡同様、王朝当時の資料が残っていないため、正確な建立時期や理由などは一切分かっていませんが、現存する多角形型のチェーディー(仏塔)の特徴からアユタヤ王朝後期に建立されたと考えられています。
     
寺院の正面は東側を向いていて、敷地内には多角形型のチェーディー(仏塔)と礼拝堂があったと考えられる場所には、大きな台座の上に座っている破壊された仏像が安置されており、黄色い袈裟が巻いてありますので、近隣住民の方によって大切にされていることが分かります。
    
   

「ワットカムペーン(วัดกำแพง・Wat Kamphaeng)」の見どころは?

1:多角形型のチェーディー(仏塔)

      

  

      
寺院の入口側には小さなチェーディー(仏塔)が配置してあり、アユタヤ王朝後期に見られる多角形型をしています。
   
寺院のメインチェーディー(仏塔)としては、規模が小さいことから、アユタヤ王朝時代にはサブチェーディー(仏塔)だったのではないかと思います。
      

    
ただこのチェーディー(仏塔)も、他の遺跡同様、盗掘被害にあっており、大きな穴が開いていて、非常に勿体ない残念な状態となっています。
    

2:台座が残る仏像

   

  

   

  

   

    
チェーディー(仏塔)の西側の奥には、台座の上に座ったままの破壊された仏像が安置されています。
    
台座部分には部分的に漆喰の装飾が残っていて、落ち着いた穏やかな雰囲気のある仏像で、黄色い袈裟が巻いてありますので、近隣住民の方に大切にされていることが分かります。
   

  

    
また周辺には、破壊された小さな仏像が安置されており、祭壇が設けられていて飲み物などが捧げられています。
    

  

    
残念なことに、チェーディー(仏塔)だけでなく、この仏像の台座部分にも盗掘被害の痕跡が残っています。
    
   

「ワットカムペーン(วัดกำแพง・Wat Kamphaeng)」の雰囲気は?

  
  

  
   
チャンネル登録をお願いします!
  
   

  
  

「ワットカムペーン(วัดกำแพง・Wat Kamphaeng)」への行き方

   

  
「ワットカムペーン(วัดกำแพง・Wat Kamphaeng)」はアユタヤ旧市街の島の外、北側に位置し、「ワットナープラーメーン」の先にある小さな運河沿いの路地を入った奥にあり、トゥクトゥクで行く場合には「ワットチャオヤー」の先まで迂回して行くことになります。
   
ただ近隣の住宅で飼われている犬が放し飼いにされており、結構、吠えるため、少し危ないと思いますので、レンタルサイクルでは行かない方が無難です。
   

トゥクトゥクを利用する場合

国鉄アユタヤ駅から片道150バーツで行くことができますが、近隣には「ワットナープラーメーン」をはじめ、「ワットチャオヤー」「ワットジョンコム」「ワットプラヤーメーン」などの北側の遺跡群があり、4時間800バーツほどで貸切った方がお得だと思います。
  
但し、Googleマップには掲載されていないため、トゥクトゥクの運転手も場所を知らない可能性がありますので注意が必要です。
   
申請をしていますので、Googleマップから承認が下り次第、正式な地図に差し替えますのでお待ち下さい。
   
   

  
   

名称 ワットカムペーン
名称(英) Wat Kamphaeng
名称(タイ語) วัดกำแพง
営業時間 なし ※近隣住民の方の迷惑にならないように、早朝、深夜の訪問は控えましょう
拝観料 なし
住所 Lum Phli, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000

   
  

まとめ

  
 
     
アユタヤ旧市街の島の外、北側にある遺跡群の中の一つ、「ワットカムペーン(วัดกำแพง・Wat Kamphaeng)」をご紹介しました。
  
細い運河沿いの遊歩道を通って行くため、分かり難い場所にありますが、静かで綺麗に掃除のされた寺院内は厳かな雰囲気が漂う、不思議な遺跡でした。
   
北部の遺跡群を回る際には、少しだけ足を延ばしてみて下さい。
  
   
   



>

>



タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

「ワット プッタイサワン(Wat Phutthaisawan)」は、アユタヤ旧市街の南側、島の外側チャオプラヤー川沿いに…

タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

ご紹介する「セント・ジョセフ教会」はアユタヤ旧市街の南側、チャオプラヤー川を挟んだ対岸にあり、アユタヤ王朝第30代ナーラ…

タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

「ワットケー(Wat Khae)」はアユタヤ旧市街の島の外、北東部にあり、広大な敷地には大小さまざまなチェーディー(仏塔…

最新情報をチェックしよう!