ワットタッカイ(วัดตะไกร・Wat Ta Krai) / アユタヤ古典文学「クンチャーン・クンペーン」に縁のあるといわれる仏教寺院遺跡


  
「ワットマハタート」などアユタヤ遺跡の北側、島の外側には、ビルマからの軍事侵攻でも破壊されなかった奇跡の寺院「ワットナープラメン」やアユタヤ王朝時代の壁画の一部が残る「ワット チュンター」などがあり、思った以上に見どころが多い地区でもあります。

前々回、ご紹介した「ワットハッサダーワ」から奥に続く路地を進むと、仏教寺院遺跡「ワットタッカイ」があります。

住宅地の中にひっそりと佇む遺跡には、礼拝堂をはじめ、整然と並ぶチェーディー(仏塔)や珍しいお濠などもあり、少し他の遺跡とは異なる森の中にあります。

今回は、森の中にある仏教寺院遺跡「ワットタッカイ」をご紹介します。
  
   

「ワットタッカイ(Wat Ta Krai)」とは?

 

  
「ワットタッカイ」は、アユタヤの遺跡群のある旧市街の島の外、北側に位置し、礼拝堂や大小さまざまなチェーディー(仏塔)などを有する仏教寺院遺跡です。以前にご紹介した「ワットハッサダーワ」から300mほど路地を進んだ、ひっそりとした森の中にあります。
  
他の小さな遺跡同様、正確な建立時期や建てられた理由などの記録は失われており、遺跡調査の結果、アユタヤ王朝初期に建てられたと考えられています。
 
またアユタヤ王朝時代に作られ、その後王朝の滅亡によって途絶えていたタイ古典文学の伝承物語「クンチャーン・クンペーン」のヒロインである「ワントーン」の葬儀を行った寺院としても語り継がれており、一説には、この伝承物語はアユタヤ王朝時代にあった実話を基に作られたともいわれています。

残念ながら1767年のビルマによる軍事侵攻によって破壊されて放棄されていましたが、現チャクリー王朝のラーマ4世、ラーマ5世の時代に修復された記録が残っており、今に至ります。
  
  

「ワットタッカイ(Wat Ta Krai)」の見どころは?

1:池

 

   

   
寺院正面には、レンガで綺麗に囲まれ人工的に作られた正方形の池が南北両方向に配置されています。アユタヤにある他の遺跡では、このような作られた池を見ることがありませんので、恐らく「ワットタッカイ」でしか見ることができないと思います。
  

2:破壊された仏像と礼拝堂

   

  

  

   

   
寺院に入ると正面に礼拝堂があり、中には破壊された複数の仏像と金色の仏像が安置されており、お花が供えてありましたので、地元の方が参拝に訪れていることが分かります。
  
筆者も何となく破壊された仏像を見ていると、「喉が渇いていそうだなぁ」と思ってしまい新しいペットボトルのお水をタンブンして来ました。
  

3:メインパゴタ

  

  

    
礼拝堂の後ろ側にはスリランカ様式のような、メインパゴタが配置されています。八角形の台座部分の上に、釣り鐘型のチェーディー(仏塔)本体が取付く形状をしています。
  

   
またかなり見難いですが、頂上部分の台座には仏像のレリーフが施されており、これも他の遺跡では見ない装飾の一つです。
  

4:小さなチェーディー群と多角形のチェーディー

  

  

  

     

  
寺院正面の左側には10基の破壊された小さなチェーディー(仏塔)群があり、これは先にご紹介したメインパゴタと同じ、スリランカ様式に似た形状をしています。形状的にも寺院が建立された際、一緒に作られたと考えられますが、こういった寺院が非対称になるような作りの遺跡は珍しいと思います。
   

   

  
寺院正面右側には、八角形のチェーディー(仏塔)が一つだけ建っており、これはアユタヤ王朝後期に作られたと考えられています。
  

5:菩提樹

   

   

   
境内には、至る所に遺跡のレンガを侵食して育った菩提樹があり、悠久の時を感じさせてくれます。
  

  

   
寺院正面にある菩提樹は、他の樹木に巻き付くような感じで成長していて、見ていて不思議な感じがします。
  

   
南側の池には、菩提樹のご神木があり、池を囲っているレンガを侵食しており、長い年月が経過していることが分かります。
   

6:補助の礼拝堂

  

   

   

   
寺院の南側の離れた場所に、もう一つ礼拝堂があり、どういう意味なのか分かりませんが「補助の礼拝堂」と書かれています。内部には、破壊された仏像の一部が安置されています。
 
 

「ワットタッカイ(Wat Ta Krai)」に行くには?

  

   
「ワットタッカイ(Wat Ta Krai)」はアユタヤ遺跡群から離れた島の外側にありますが、「ワットマハタート」から約2.5kmほどと、そこまで離れていませんのでレンタルサイクルでも行くことはできますが、比較的交通量の多いアユタヤ島の周回道路である「Uthong Rd(ウートンロード)」を通りますので、できればトゥクトゥクを利用することをおすすめします。
  

トゥクトゥクを利用する場合

国鉄アユタヤ駅からであれば、片道100~150バーツで行くことができますが、直ぐ近くには奇跡の寺院「ワットナープラメン」や壁画の残る「ワット チュンター」などもありますので、1時間200~250バーツでチャーターすることをオススメします。
  

レンタルサイクルを利用する場合

国鉄アユタヤ駅から渡し舟で旧市街に入り、レンタルサイクルを借りて西に1.3km進むと「ワットマハタート」に突当ります。ここを右折しアユタヤ島の周回道路である「Uthong Rd(ウートンロード)」に出るまで約700m直進し、突き当ったら左折して暫く道なりに約1.0kmほど進むと右側に小さな橋が見えますので、これを渡って直進すると「ワットナープラメン」に到着します。
「ワットナープラメン」の手前を左折して、右側に「ワットハッサダーワ」が見えますので、その路地を約350mほど進むと左側に「ワットタッカイ」が見え、到着です。
  
  

    
  

名称 ワットタッカイ
名称(英) Wat Ta Krai
営業時間 フリータイム
拝観料 無料
住所 Lum Phli Amphur Muang Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000

  
 

「ワットタッカイ(Wat Ta Krai)」の雰囲気は?

 

    
       

まとめ

  

  
森の中にある仏教寺院遺跡「ワットタッカイ」をご紹介しました。タイ人の方であれば、誰でも知っているタイ古典文学の伝承物語「クンチャーン・クンペーン」に縁のあるといわれている遺跡で、森に囲まれた中で、ひっそりと悠久の時を刻んでいます。

「ワットナープラメン」から300m程しか離れておらず、観光客もいない場所なので、のんびりと遺跡を見て廻ることができますので、アユタヤに来られた時には足を延ばしてみては如何でしょうか。
 
 
  
  

   
   

  
 
 
 



   
   

タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

ご紹介する「ワットナープラメーン」は、チャオプラヤー川に囲まれたアユタヤ遺跡群の外側、北に少し離れた場所にある現存寺院で…

 
タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

アユタヤ旧市街の西側に位置する「チェーディー・シースリヨータイ」は、島周辺を周回する「Uthong Rd(ウートンロード…

 

タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

「ワット チュンター(Wat Choeng Tha)」は、チャオプラヤー川とパーサック川に囲まれたアユタヤ旧市街の島の外…

  

最新情報をチェックしよう!