ワットコークムアン(Wat Khok Muang)/ 住宅地の中にひっそりと佇む、アユタヤ王朝後期に建立された仏教寺院遺跡

DCIM100GOPROGOPR0130.JPG
   
アユタヤ旧市街の東側に位置し、アユタヤの代名詞でもある「ワットマハタート」から500mほどの離れた住宅街の中にひっそりと佇んでいるのが「ワットコークムアン(Wat Khok Muang)」です。
 
小さな公園と間違うほどの大きさしかないですが、東側から西側に向かって鐘楼(しょうろう)、礼拝堂、多角形型のチェーディー(仏塔)という配置で構成された仏教寺院遺跡です。
 
今回はアユタヤの旧市街地にある「ワットコークムアン(Wat Khok Muang)」をご紹介します。
  
  

「ワットコークムアン(Wat Khok Muang)」とは?

  

   
アユタヤ旧市街の中心部、「ワットマハタート」から約500mほどの場所に位置し、市街地の住宅に囲まれた小さな仏教寺院遺跡で、鐘楼(しょうろう)、礼拝堂、多角形型のチェーディー(仏塔)の順に東側から西側に一直線に並んだ建築物で構成されています。
 
残念ながら他の遺跡同様、1767年のビルマ(現在のミャンマー)による軍事侵攻によって、当時の資料が失われており、詳しい建立時期や理由などは分かっていません。
 
ただ政府による遺跡調査によって、アユタヤ王朝後期に建立された建築物の特徴を備えていることが分かっています。
  
   

「ワットコークムアン(Wat Khok Muang)」の見どころは?

鐘楼(しょうろう)

  

   

   
敷地の東側にある「鐘楼(しょうろう)」には、比較的、アユタヤ王朝時代の漆喰のレリーフが残っており、当時の形状を想像することができます。
 

  

   
また鐘を釣っていた屋根部分にも、花をかたどったレリーフが少しだけ残っています。
 

礼拝堂跡

  

   

   
寺院の中心に配置されている礼拝堂跡には、破壊された仏像などは残っておらず、代わりに大きく成長したトンポー(菩提樹)が床面を突き破って侵食しており、ご神木として中華系の精霊の祠が幾つかタンブンされています。
  

   

   

    
礼拝堂跡の基礎は2層構造となっていて、1層目は周辺を回れるように回廊構造に作られており、信仰の対象になっていたことが分かります。
   

多角形型のチェーディー(仏塔)

  

   

 
最も西側にあるのが「多角形型のチェーディー(仏塔)」で、東側に上に登れる階段が配置されており、内部に入ることができます。
       

      
チェーディー(仏塔)の中には、敬虔なタイ人の方がタンブンした跡が残っていて、少し煩雑としています。
   

   

GOPROの魚眼無しで撮影
    
また残念ながらチェーディー(仏塔)の天井には大きな穴が開いているのですが、晴天の日には、以前にご紹介したお城の遺跡である「プラサートナコンルアン」で仏像が安置されてたチェーディー(仏塔)と同じように、綺麗な写真が撮れる隠れスポットになっています。
   
広角レンズであれば、全体を綺麗に撮影することができます。
     
   

「ワットコークムアン(Wat Khok Muang)」の雰囲気は?

 
  

  
       
チャンネル登録をお願い致します!
     
  

  
   

【c】GoPro

>

  

「タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内」の動画は「GoPro Hero7 Black」で撮影しています。
       
       

「ワットコークムアン(Wat Khok Muang)」への行き方

    

      
「ワットコークムアン(Wat Khok Muang)」は、世界遺産「古都アユタヤ」の主要遺跡から、数百メートルしか離れていないのでトゥクトゥクでもレンタルサイクルでも気軽に行くことができます。     

トゥクトゥクを利用する場合

アユタヤ旧市街の中心部に近く、国鉄アユタヤ駅からトゥクトゥクであれば、片道100バーツで行くことができますが、数百メートル離れた場所には、世界遺産「古都アユタヤ」の主要構成遺跡がである「ワットマハタート」「ワットラチャブラナ」などがありますので、3時間600バーツで貸切った方がお得に遺跡を見て廻れます。
  

レンタルサイクルを利用する場合

国鉄アユタヤ駅から渡し舟で旧市街に入り、「December House」で1日50バーツでレンタルサイクルを借り、周回道路である「Uthong Rd(ウートンロード)」を横断して、「Ho Rattanachai Rd(ホーラッタナチャイロード)」を約800mほど直進すると、左側に見えて到着です。
     
    

  
   

名称 ワットコークムアン
名称(英) Wat Khok Muang
営業時間 なし
拝観料 なし
住所 Huaro, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000

   
   

まとめ

   

DCIM100GOPROGOPR0134.JPG
  
アユタヤ旧市街の東側、住宅地の中にある「ワットコークムアン(Wat Khok Muang)」をご紹介しました。
   
筆者もレンタルサイクルを借りて遺跡回りをしている最中に見つけたのですが、住宅地に囲まれていたため、最初は公園だと思って通り過ぎたくらいの小さな仏教寺院遺跡ですが、近隣の方の信仰に対象になったいるようで、撮影で訪れた時も数人のタイ人の方がお参りされていました。
 
「ワットマハタート」からも500mほどの場所にありますので、アユタヤ観光の途中で寄ってみて下さい。
 
 
    





      
    
   
タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

「ワットスワンナーワ(Wat Suwannawas)」は、アユタヤ旧市街中心地の北側にあり、島内周回道路である「Utho…

    
タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

「ワットチャオヤー」はアユタヤ旧市街の島の外、北側にある遺跡群の中のひとつで、幹線道路沿いにあり、簡単に見つけることがで…

    
タイ猫Yuwiのアユタヤ観光案内

「ワット チュンター(Wat Choeng Tha)」は、チャオプラヤー川とパーサック川に囲まれたアユタヤ旧市街の島の外…

   
 

最新情報をチェックしよう!